【最悪】木造アパートはやめとけ!6つのデメリットと後悔しないためのポイントを解説

【最悪】木造アパートはやめとけ!6つのデメリットと後悔しないためのポイントを解説
この記事で解決できる悩み
  • できるだけ家賃を抑えたい
  • 木造アパートに住むと後悔する?
  • 木造アパートはうるさいと聞く…

「木造アパートはやめとけ」と言われることは多いです。ただ家賃が安いからという理由で木造アパートを選ぶと、後悔することになりかねません。

この記事では、木造アパートのデメリットを解説します。記事を読めば、木造アパートに住むべきか分かります

「木造アパートはやめとけ」と言われるのは、主に音がうるさいからです。デメリットを許容できるのであれば、木造アパートを選んでも後悔はしません。

木造アパートを選んで後悔したくない人は「やめとけ」と言われる理由をしっかり理解しましょう。

目次

木造アパートはやめとけ!6つのデメリット

木造アパートはやめとけ!6つのデメリット

木造アパートがやめとけと言われるのは、6つのデメリットがあるからです。デメリットを許容できるか確認してみてください。

劣化が早い

木造アパートはやめとけ!デメリット:劣化が早い

木造アパートはほかの素材で造られた建物に比べて、耐久性が低いというデメリットがあります。木材を使用して造られているからです。

木材は湿気や温度の変化に弱く、ゆるんで変形することがあります。木材には虫が食べることがあり、木材を防腐することも理由の一つです。

木造アパートはほかの素材で造られた建物よりも劣化が早く、維持費がかかることがあります。耐震性が低いこともあるため、地震が多い地域では古い木造アパートを選ばないほうが無難です。

音がうるさい

木造アパートはやめとけ!デメリット:音がうるさい

木造アパートがやめとけと言われるのは、音がうるさいことも原因の一つ。木造アパートは音を吸収しにくいからです。

外気温の変化で壁の素材が伸縮し、ギシギシと音がして気になる人もいます。足音や音楽、会話は仕切り壁を通り抜けやすいので、口論や激しいやりとりがあるとせっかくの平穏な生活が台無しになることも…。

どうしても音が気になる場合は木造以外のアパートにしたり、街中から離れた場所を探したりするのがおすすめです。カーペットを敷いたり防音材を入れたりすることもできますが、コストがかかります。

防音対策をしたとしても、完全に防音できるとは限りません。

木造アパートの音漏れはどのくらい?

音漏れがどのくらいかは、木造アパートによって違います。木造アパートの音漏れは、壁の薄さや素材に左右されるからです。オークやメープルのような硬い木材は密度が高く、ほかの木材よりも音の透過を大幅に抑えられます。木造アパートの音漏れを確認するには、素材や壁の薄さよりも、実際に内見してみるのがおすすめです。

虫が出やすい

木造アパートはやめとけ!デメリット:虫が出やすい

木造アパートがやめとけと言われるのは、虫が発生しやすいというデメリットが原因。木は虫が食べることができる素材だからです。木がカビを生み、カビを食べる虫が発生しやすくなることもあります。

発生する害虫の代表的なものは、以下のとおりです。

  • ダニ
  • ゴキブリ
  • シロアリ
  • キクイムシ

キクイムシやシロアリは木造アパートの骨組みを弱らせ、安全性を維持することを難しくします。アパート内の家具などにも被害を与えることも…。

虫は健康被害をもたらすこともあります。刺されたり噛まれたりするだけではありません。ほかの害虫を呼び寄せたり、病気を蔓延させたりする可能性もあります

木造アパートに住むときは、防虫対策が欠かせません。定期的に点検を行い、害虫が発生していないことを確認することも大切です。

住民の質が低い

木造アパートはやめとけ!デメリット:住民の質が低い

木造アパートのデメリットの一つは、入居者の質が低いこと。木造アパートにはほかの賃貸住宅に入居できない低所得者層が入居することが多いのも、やめとけと言われる原因です。

入居者の中には家賃の支払いが滞ったり、部屋の手入れが行き届かなかったりする人もいます。場合によっては犯罪行為に手を染めたり地域社会での評判が悪かったりして、木造アパートでの生活が困難になることも多いです。

空調が効きづらい

木造アパートはやめとけ!デメリット:空調が効きづらい

木造アパートがやめとけと言われるのは、空調が効きづらいからです。木造アパートはエアコンとの相性があまりよくありません。木造建築はほかの建築物に比べて断熱性が低いです。

冷気が逃げやすく、エアコンの稼働時間が長くなり、消費電力も多くなってしまいます。毎月の電気代が高くなる可能性が高いです。

木造アパートの大きな窓枠や木製のドアには、騒音を軽減する素材が使われていないことも多いです。外の騒音が室内に入り込みやすいということもあります。

セキュリティ面で不安

木造アパートはやめとけ!デメリット:セキュリティ面で不安

木造アパートがやめとけと言われるのは、セキュリティの低さが原因です。木造アパートの場合、ほかの建物と比べてセキュリティが低いことが多いです。

自分の身を守るために、追加のセキュリティ対策に投資する必要があるかもしれません。鍵やセキュリティシステム、あるいはカメラシステムなどに投資するのもよいでしょう。

木造アパートは空き巣に入られやすいと言われています。ほかの建物に比べ、構造的にしっかりしていないためです。

木造アパートは可燃物を使用しているため、火災に弱いという特徴も大きな不安材料です。

木造アパートのメリット

木造アパートのメリット
木造アパートのメリット

木造アパートのメリットは以下の5つです。デメリットと比べてみて、どちらか上回るか確認してみてください。

家賃が安い

木造アパートのメリット:家賃が安い

木造アパートの最大のメリットは、家賃の安さです。建物を建てるための材料が、ほかの材料に比べて安いからです。

木造以外の賃貸アパートと比較して、かなり安い傾向にあります。家賃を節約したい人に、木造アパートは最適な選択肢です。

木造アパートは固定資産税が安いのも家賃を抑えられているポイント。ほかのタイプのアパートよりも環境に優しいと考えられているため、税率が低いです。

木造アパートは家賃を抑えられるので、経済的な余裕が生まれます。

部屋を広く使える

木造アパートのメリット:部屋を広く使える

木造アパートは部屋を広く使えるというメリットがあります。木造アパートの構造は、柱が細く梁も出ないという特徴があるからです。

部屋を広く使えるメリットは3つあります。

  • 圧迫感がない
  • 部屋の美観を損わない
  • 空間を有効に活用しやすい

天井を支える梁が不要なため、高さの制約を受けることがありません。天井が高ければ部屋を広く感じさせると同時に、高級感も演出できます。

雰囲気があたたかい

木造アパートのメリット:雰囲気があたたかい

木造アパートに住むメリットは、温かみのある雰囲気です。明るい色の家具が置かれた居心地の良い木造住宅の感覚を好む人はたくさんいます

木は自然素材です。どんな室内空間にも温かみをもたらすことが知られています。木造アパートはリラックスできる快適な環境を求める人に最適です。

木造アパートは室内に自然光を多く取り入れられます。大きな窓からたっぷりの日差しが入り、高い天井は開放的で広々とした居住空間を実現可能です。

木造アパートは美観にも優れており、インテリアの背景としても最適です。

通気性・吸湿性が高い

木造アパートのメリット:通気性・吸湿性が高い

木造アパートは通気性・吸湿性が高いのもメリット。木材には高い通気性と吸湿性があります

木は湿気に強いです。カビなどの繁殖を抑制できます。アレルギーや呼吸器系の疾患を持っている人にも木造アパートは最適です。木が持つ自然な特性により空気の循環が良くなり、室内の空気環境も良くなります。

木造アパートはほかの住宅に比べてメンテナンスが少なくて済むのも特徴。木造アパートは石造やコンクリート造のアパートに比べて染色や再仕上げが非常に簡単です。木は自然素材であるため、摩耗や損傷に強いという特徴もあります。

倒壊するスピードが遅い

木造アパートのメリット:倒壊するスピードが遅い

木造アパートのメリットは、火災や地震のとき、ほかの素材に比べて倒壊の速度が遅いことです。木が本来持っている性質で、十分な力が加わるとたわむことができるからです。

木造アパートは外部からの衝撃に耐えられる可能性が高く、災害時に居住者が安全に避難するための時間を確保できます。木造アパートはスプリンクラーや耐火壁などの防火設備も充実しているので、災害時の倒壊をさらに遅らせることも可能です。

地震の多いエリアに住む人は、木造アパートに住むメリットがあります。

木造アパートで後悔しないためのポイント

木造アパートで後悔しないためのポイント

木造アパートを検討しているときに、押さえるべきポイントは以下の7つです。木造アパート選んで後悔しないためにも、必ず押さえておきましょう。

1階は避ける

木造アパートで後悔しないためのポイント:1階は避ける

木造アパートで後悔しないためにも、1階は避けた方が無難です。1階は床から逃げる熱が多いため、寒くなるからです。

木造アパートの1階は、安全面でも問題があることを理解しましょう。大雨による浸水の危険性があり、ネズミや害虫の発生も考えられます。1階の木造アパートでは、常に害虫に気を配らなければいけません。

1階は湿気がこもりやすく、木材が傷んだり、カビが生えたりする可能性もあります。1階は避け、2階以上で探すのがベストです。

角部屋を選ぶ

木造アパートで後悔しないためのポイント:角部屋を選ぶ

木造アパートで後悔しないためには、角部屋を選ぶことが大切です。理由は2つあります。

  • 音が静か
  • 明るく暖かい

角部屋を選べば、ほかの部屋に比べて静かに暮らせます。角部屋は隣り合う部屋との壁が2つしかありません。隣の部屋からの騒音をさほど感じにくいです。

木造アパートの角部屋は2面が外壁に面しています。明るく暖かい部屋になるのもメリットです。

しかし、木造アパートの角部屋も完璧ではありません。冬場は暖かくても、夏場は冷たく感じることがあります。階段やエレベーターが近いのもデメリットです。隣り合う部屋からの人の動きや、階段やエレベーターからの音が聞こえやすいこともあります。

築浅物件を選ぶ

木造アパートで後悔しないためのポイント:築浅物件を選ぶ

木造アパートで後悔したくないなら、2000年以降に建築された物件を選んでください。木造の建築住宅に関する建築基準法は、2000年6月に改正されています。

2000年6月の改正により、耐震性が見直されました。築浅の木造アパートであれば、震度6〜7の地震でも耐えられると言われています。

万が一のとき、築年数の古い物件に住んでいると後悔する可能性が高いです。木造アパートで後悔したくないなら、築年数に注目して選んでみてください。

新築でも音はうるさい?

木造アパートは新築であっても音がうるさいことがあります。木材はほかの建築材料に比べて吸音性が低いからです。ただし、新築の物件は防音対策を施していることもあります。音が気になる場合は、実際に内見で確かめてみるのがおすすめです。

線路・道路沿いを避ける

木造アパートで後悔しないためのポイント:線路・道路沿いを避ける

木造アパートを検討する際には、騒音が発生する可能性も考えておくことが大切です。線路や道路に近い場所にある木造アパートは、静かな場所に建てられたものに比べて騒音が大きくなる可能性があります。

静かな住環境を希望する場合は、立地を考えることが大切です。木造アパートを選ぶ前に地域について調べておくと、将来的なトラブルを避けられます。

契約する前に、騒音に関する条例や地域の交通パターンも確認しましょう。

戸数の少ない物件を選ぶ

木造アパートで後悔しないためのポイント:戸数の少ない物件を選ぶ

木造アパートの場合、戸数が少ない物件を選ぶとメリットがあります。小規模な集合住宅は大規模な集合住宅よりも静かで、手入れが行き届いているのが一般的です。

住戸数が多いほど修繕費が増える傾向にあります。住戸数の少ない物件を選ぶと建物のメンテナンスが少なくて済む可能性が高いです。木造アパートを検討する際には、戸数が少ない物件を探してみてください。

うるさい施設の近辺を避ける

木造アパートで後悔しないためのポイント:うるさい施設の近辺を避ける

木造アパートで後悔したくないなら、うるさい施設の近辺を避けましょう。木造アパートの場合、騒音について考慮することが大切です。

木造アパートはかなり騒音が発生しやすい物件。騒音が発生する施設の近くにある場合や、周りに他のアパート住人がたくさんいる場合は、騒音が大きくなる可能性があります。

具体的に避けたほうがいい施設は以下のとおりです。

  • 学校
  • 保育園
  • 空港
  • 繁華街

大家さんや不動産管理会社に、周辺地域の騒音レベルについて必ず聞いておきましょう。騒音が気になる場合は、騒音が気になる場所から離れた場所にある物件を探してみてください。

条件を設定して物件を探す

木造アパートで後悔しないためのポイント:条件を設定して物件を探す

木造アパートで後悔したくないなら、条件を設定して物件を探しましょう。条件を設定することで、木造アパートのデメリットを避けられます

木造アパートで設定するべき条件は以下のとおりです。

  • 築年数:2000年以降
  • エリア:静かで安全な場所

ただ、条件を指定しても、実際に確認しないと後悔しない物件かは分かりません。条件を指定したうえで、不動産屋に聞いてみるのがおすすめです。

理想の一人暮らしを叶えるおすすめのお部屋探しサイト」では、チャットで気軽に詳細を聞けるお部屋探しサイトを紹介しています。木造アパートで後悔したくない人は、ぜひチェックしてみてください。

お部屋探しサイトを使えばしつこい勧誘を受けることなく、無料で相談できます。

\無料で理想の物件を発見!/

木造アパートを内見するときのポイント

木造アパートを内見するときのポイント

木造アパートを内見するときに見るべきポイントは以下の5つです。住んでも問題のない木造アパートか判断するためにも必ず押さえましょう。

壁の厚み

木造アパートを内見するときのポイント:壁の厚み

木造アパートの内見では、壁の厚みを確認することが大切です。壁の厚さによって、強度や耐風性が決まります。壁が厚いと断熱性が高くなり、冬は暖かく、夏は涼しいことが多いです。

木造アパートの壁は、腐敗やカビなどの損傷がないかもチェックしてください。以下の点に気をつけましょう。

  • 水垢
  • 木のゆがみ
  • 塗装のひび割れ

特に雨の多い地域の場合、上記の特徴を持っていると水はけが悪く、水害を受けやすい可能性があります。

隣の間取り

木造アパートを内見するときのポイント:隣の間取り

木造アパートを内見するときは、隣の間取りも確認しましょう。隣の間取りによって、快適性が大きく左右されます

生活スペースが隣接している場合は注意が必要です。生活音による騒音が気になる可能性があります。

木造アパートの場合、隣の生活スペースが近くない物件を選ぶのがおすすめです。隣の部屋の間取りが分からない場合は、大家さんや不動産屋に確認してみてください

周辺の様子

木造アパートを内見するときのポイント:周辺の様子

木造アパートを内見するときは、周辺の様子を確認しましょう。木造アパートの場合、周辺が騒音にさらされていないかどうかを知ることが必要不可欠です。

騒音の原因は周辺の施設や交通量の多さなど、さまざまなものがあります。木造アパートに住むことを決める前に、外に出て近隣の騒音レベルを視察しておくのがおすすめです。

騒音レベルがよく分からないなら、大家さんや不動産屋に聞いてみましょう。その地域の平均的な騒音レベルを知ることができます。

物件によっては、外の騒音を軽減するために厚い窓が設置されていることもあります。

窓枠・ドアの隙間

木造アパートを内見するときのポイント:窓枠・ドアの隙間

木造アパートを内見するときは、窓枠やドアの隙間をチェックしてください。音漏れの可能性がないかを確認することが大切です。

窓枠やドアに隙間がある場合、外の音が部屋に入ってきます。一般的な木造アパート以上に騒音が気になる可能性が高いです。

木造アパートを選ぶときは、できるだけ隙間のない物件を選びましょう。隙間のある物件を選ぶと、騒音に悩まされて後悔する可能性があります。

室内外の音の響き

木造アパートを内見するときのポイント:室内外の音の響き

木造アパートを内見するときは、屋内と屋外の音の大きさを確認してください。木造アパートは騒音が多いからです。

確認するべき音の響きは以下のとおり。

  • 近隣の交通量
  • 隣人など外部からの音
  • 配管や建物から発生する音

廊下を歩く音など、不動産屋と協力して確かめてみてください。音が気にならない程度であれば、その木造アパートに住んでも後悔はしません。

住人の特徴を聞こう

木造アパートに住むときは、住人の特徴を聞くことも大切です。住人の特徴によって、静かに暮らせるかが分かります。若者が住んでいる場合はうるさくなることが多く、高齢者が多い場合は静かなことが多いです。

木造アパートに住む人の声

木造アパートに住む人の声

木造アパートに住む人の声を集めました。実際に住んでいる人の意見を見て、自分も本当に進むべきか考えてみてください。

後悔している人の声

後悔している人の声

住んでよかったという声

住んでよかったという声

木造アパートでも後悔しない人の特徴

木造アパートでも後悔しない人の特徴

木造アパートに住んでも後悔しない人の特徴は以下のとおりです。該当する項目がある人は、木造アパートに住んでも後悔はしません。

家賃を抑えたい

木造アパートでも後悔しない人の特徴:家賃を抑えたい

木造アパートに住んで後悔しない人は、家賃を安く抑えたい人です。木造アパートの家賃は、ほかのアパートと比べて安い傾向があります。家賃を抑えたい人にとって、木造アパートは魅力的な選択肢です。

しかし、同じ家賃なら木造以外の賃貸アパートを選んだほうが、安心で安定した生活を送れます。木造は騒音がうるさく、虫の侵入なども起こりやすいからです。夏は熱を吸収しやすく冬は冷え込みやすいため、光熱費にも影響します。

木造アパートは「とにかく家賃を優先的に抑えたい」という人におすすめです。

音が気にならない

木造アパートでも後悔しない人の特徴:音が気にならない

木造アパートに住んで後悔しない人は、音が気にならない人です。木造アパートは性質上、騒音が気になります

木造アパートで気になる音は以下のとおりです。

  • 上階を歩く音
  • 音楽やテレビの音
  • ご近所さんの話し声

木造アパートに住んで後悔しない人は、騒音も暮らしの一部として受け入れられる人。逆に、騒音が気になる人に木造アパートは向いていません

ご近所付き合いを楽しみたい

木造アパートでも後悔しない人の特徴:ご近所付き合いを楽しみたい

ご近所付き合いを楽しみたい人は、木造アパートを選んでも後悔しません。木造建築は数が限られているため、住人同士が顔を合わせることが多いです。

住人同士がコミュニケーションをとらないほかのアパートとは異なります。ご近所づきあいを大切にする人にとってはありがたいことです。

外向的な性格で近所の人たちとの付き合いを楽しみたい人には、木造アパートがおすすめです。

木造アパートに住むときの騒音対策

木造アパートに住むときの騒音対策

木造アパートに住むときの騒音対策は以下のとおりです。木造アパートで快適に暮らすためにも、ぜひ参考にしてください。

マットを敷く

木造アパートに住むときの騒音対策:マットを敷く

木造アパートの騒音を軽減する方法の一つは、マットを敷くことです。マットは音を吸収し、空間をより静かにしてくれます

マットは見た目も美しく、居住空間にちょっとしたスタイルを加えることも可能。ウールやコルクなど、高品質な素材でできたマットを選べば、吸音効果も抜群です。

ただし、マットを敷くと掃除が大変になったり、部屋が狭く感じたりします。デメリットも考慮したうえで、マットの利用を検討してください。

壁面に家具を置く

木造アパートに住むときの騒音対策:壁面に家具を置く

木造アパートの騒音を防ぐためにも、壁面に家具を置きましょう。家具を壁際に配置すると、隣の部屋からの騒音を軽減できます

住民がいる側の壁に、以下のような家具を設置してみてください。

  • 本棚
  • タンス
  • 食器棚

ただし、家具を設置しすぎると部屋が狭くなります。騒音対策だからといっても、家具を置きすぎないように注意しましょう。

隙間テープを使う

木造アパートに住むときの騒音対策:隙間テープを使う

木造アパートの騒音を防ぎたいなら、隙間テープを貼るという方法があります。隙間テープとは、壁や天井の隙間を塞いで室内に騒音が入るのを防ぐ特殊なテープのことです。

隙間テープは100円ショップなどで手軽に購入できます。買い物に行く時間がない人は、ネットショップでも簡単に購入可能です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

隙間テープは木造アパートの騒音を短期間で軽減するのに有効な方法です。ドアや窓の隙間をテープで埋めて、外部からの音を遮断しましょう。

防音カーテンを使う

木造アパートに住むときの騒音対策:防音カーテンを使う

木造アパートの騒音を軽減する方法として、防音カーテンを使うことが挙げられます。防音カーテンは、音の伝わりを抑えて穏やかな暮らしを実現するためのものです。

防音カーテンは、音を吸収する厚手の素材で作られています。騒音を大幅に軽減することが可能です。

防音カーテンは生活空間をおしゃれにするのにも役立ちます。

クッションシートを使う

木造アパートに住むときの騒音対策:クッションシートを使う

木造アパートの騒音を軽減する方法として、クッションシートの活用もおすすめです。クッションシートは厚手の吸音シート。壁に貼ることで、音の伝わりを和らげられます

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

クッションシートを使うことで、騒音の影響を軽減可能。木造アパートをより穏やかで快適な空間にすることができます。

木造アパートはやめとけと言われる理由を理解しよう

木造アパートはやめとけと言われる理由を理解しよう

木造アパートを検討している人は「やめとけ」と言われる理由を理解しましょう。木造アパートには以下のようなデメリットがあります。

  • 劣化が早い
  • 音がうるさい
  • 虫が出やすい
  • 住民の質が低い
  • 空調が効きづらい
  • セキュリティ面で不安

「家賃は抑えたいけど、木造アパートを選んで後悔したくない」と思う人は多いはず。せっかくの新生活を快適に過ごせないのは、誰しもが避けたいことです。

理想の一人暮らしを叶えるおすすめのお部屋探しサイト」を利用すれば、快適に暮らせる物件が必ず見つかります。チャットで気軽に詳細を聞けるサービスもあるので、ぜひお試ししてみてください。

お部屋探しサイトを利用すれば、無料で理想の物件が見つかります。

\無料で理想の物件を発見!/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次