一人暮らしのカーテンはどこで買う?失敗しない4つの選び方【おすすめは専門店】

一人暮らしのカーテンはどこで買う?失敗しない4つの選び方【おすすめは専門店】
この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしのカーテンはどこで買うのがおすすめ?
  • 一人暮らしのカーテンはどのように選べばいい?
  • おしゃれなカーテンで一人暮らしを始めたい!

一人暮らしを始めるときに「カーテンを買いたい」と思っても、種類が多すぎて選びきれません。販売している店舗も多いため、どこで買うべきか迷う人は多いです。

この記事では、一人暮らしのカーテンをどこで買うべきか解説します。記事を読めば、満足できるカーテンで一人暮らしを始められます

一人暮らしのカーテンは専門店での購入がおすすめです。おしゃれなカーテンが豊富に揃っており、お気に入りの部屋を作れます。

リス

ニトリ・無印良品などの実店舗では種類が限られるためおすすめできません。

目次

一人暮らしのカーテンはどこで買う?

一人暮らしのカーテンはどこで買う?

一人暮らしのカーテンをどこで買うべきか解説します。購入を焦って失敗しないように注意してください。

専門店なら間違いありません!
カーテンの買い方
  • 失敗したくないなら専門店
  • 安く買いたいならAmazon・楽天市場
  • 実店舗での購入はおすすめしない

失敗したくないなら専門店

一人暮らしのカーテン選びに失敗したくないなら専門店での購入がおすすめです。カーテン専門店だと種類が多く、細かくサイズや加工を決められるからです。

専門店で購入すれば、一人暮らしの部屋にピッタリな雰囲気のカーテンが見つかります。おしゃれな部屋で一人暮らしを始めたい人におすすめです。

『パーフェクトスペースカーテン館』では、1cm刻みでカーテンを販売しているカーテン専門店です。 5000種類以上のデザインから、お気に入りのカーテンを選べます。

\無料でサンプルがもらえる!/

安く買いたいならAmazon・楽天市場

カーテンを安く買いたいなら、Amazonや楽天市場などECショップでの購入がおすすめです。幅広い種類のカーテンが比較的安く販売しています。

ECショップは手軽に購入できるのがメリットです。部屋の雰囲気を見ながら適したカーテンを選べます

ただし、Amazonや楽天市場で販売しているのは既製品です。サイズや色・柄は細かく選べません。

リス

特にこだわりがなければ、Amazon・楽天市場で十分です。

実店舗での購入はおすすめしない

ニトリや無印良品など実店舗での購入はおすすめしません。以下の通りデメリットが多いからです。

  • 手間がかかる
  • 種類が限られる
  • 安いわけではない

ただし、実物を見られるメリットもあります。すぐに持ち帰えることができるため、急ぎの場合にもおすすめです。

ニトリ無印良品にはネットショップもあります。しかし、安いわけではないのでAmazonや専門店で購入するほうが種類も多くておすすめです。

リス

一人暮らしをする部屋の近くに実店舗がない場合は持ち帰るのが大変です。

レンタルもおすすめ!

カーテンの購入を迷っているなら、レンタルサービスの利用もおすすめです。「CLAS(クラス)」では、月額770円からカーテンをレンタルできます。気軽に交換もできるので、気分に合わせて模様替えも可能です。
» CLAS(クラス)の口コミ・評判

一人暮らしのカーテンの選び方4つ

一人暮らしでカーテンを選ぶときは以下4つに注目しましょう。

  • 種類で選ぶ
  • 色・柄で選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • 加工で選ぶ

種類で選ぶ

一人暮らしのカーテンの選び方4つ

単にカーテンといっても種類が5つあります。それぞれの特徴を確認して最適な種類を選んでください。

ドレープカーテンがおすすめです!
カーテンの種類一覧
  • ドレープカーテン
  • レースカーテン
  • シェードカーテン
  • ロールスクリーン
  • ブラインド

ドレープカーテン

ドレープカーテンはカーテンの中でもっとも使われています。種類が豊富で、自分好みのデザインが見つかりやすいです。

特にこだわりがなければドレープカーテンを選べば間違いありません

レースカーテン

レースカーテンはドレープカーテンよりも薄手に作られています。光を通すので、日中はレースカーテンにしておけば時間の感覚が狂いません。

リス

レースカーテンはドレープカーテンと合わせて使うのが一般的です。

シェードカーテン

シェードカーテンは昇降機を使用する種類。生地を上下に移動させて開け閉めするタイプのカーテンです。

シェードカーテンは光と熱をうまくコントロールできます。見た目もおしゃれで、個性的な雰囲気を出したい人におすすめです。

ロールスクリーン

ロールスクリーンはシェードカーテンに似ています。昇降機を使用して生地を上下に移動させて開け閉めするカーテンです。

  • シェードカーテン:折りたたみ式
  • ロールスクリーン:ロール式
リス

ロールスクリーンも個性的な雰囲気を出したいときにおすすめです。

ブラインド

ブラインドは厳密に言うとカーテンではありません。しかし、窓を覆うという点では同じです。ブラインドにはシンプルなデザインが多く、光や風の調整がしやすい特徴があります。

ブラインドは遮音・遮光に向きません。使用する場合は注意してください。

色・柄で選ぶ

一人暮らしのカーテンの選び方4つ

一人暮らしの部屋をおしゃれにしたいなら、カーテンの色や柄が大切です。押さえておくべきポイントは3つあります。

  • シンプルにする
  • 部屋の壁や家具に合わせる
  • 個性を出したいなら飽きないデザイン

シンプルにする

一人暮らしの部屋には、できるだけシンプルなカーテンを選びましょう。シンプルなカーテンなら他のインテリアにも馴染みやすいです。

後からどんなインテリアを置いても違和感がなくなります。部屋のコーディネイトの邪魔になりません。

シンプルなデザインといっても色はさまざまです。赤などの派手な色は避け、なるべく落ち着きのある色を選びましょう

部屋の壁や家具に合わせる

カーテンに色や柄を部屋の壁や家具に合わせることがおしゃれに見せるポイントです。かけ離れたデザインのカーテンだと違和感が出ます

真っ白な部屋に、真っ赤なカーテンを設置するのは違和感があります。部屋全体の雰囲気を考えてカーテンの色や柄を選びましょう。

リス

カーテン単体で見ておしゃれでも部屋に馴染まないと台無しです。

個性を出したいなら飽きないデザイン

シンプルなカーテンが好みではない場合、飽きないデザインを選びましょう。個性的なデザインを選ぶと、飽きたときに気分が悪いからです。

特にリビングは生活の中でもっとも長くいる場所です。できるだけ飽きないデザインを選んでください。

サイズで選ぶ

一人暮らしのカーテンの選び方4つ

カーテンは窓と比べて少し大きめサイズが基本です。窓より小さいサイズだと、カーテンが窓を覆いきれません。

ジャストサイズの場合でも、カーテンが揺れた場合に外が見えます。少し大きめを買いましょう。

掃き出し窓の場合

掃き出し窓の場合、カーテンレールから床までの長さ-1~2cmを目安にしてください。カーテンが床に擦れることなく窓を覆えるサイズです。

腰窓の場合

腰窓の場合、カーテンレールから窓枠の下端までの長さ+15~20cmを目安にしましょう。カーテンが風で揺れたときでも窓を覆えるサイズです。

リス

カーテンの購入前に窓のサイズを計りましょう。

加工で選ぶ

一人暮らしのカーテンの選び方4つ

カーテンにはさまざまな機能を持った加工がされています。特徴によって選び方も考えましょう。

  • ミラーレース
  • 遮光カーテン
  • 遮熱・保温カーテン

ミラーレース

ミラーレースは外から中が見えないカーテンです。昼間に太陽光を部屋に入れても、中が見えないので防犯に役立ちます。

内側から外は見えます。マジックミラーのような機能です。

遮光カーテン

遮光カーテンは光を反射する機能を持っています。遮光1級・遮光2級・遮光3級と段階があり、遮光1級の場合はほとんど光を通しません。

遮光1級だと太陽光を感じないため、時間の感覚が狂います。おすすめはある程度の光を通す遮光2級か遮光3級です。

遮熱・保温カーテン

遮熱・保温カーテンは、熱を反射する機能が特徴です。遮熱性の高いカーテンを選べば、室温を適温に保てます

リス

夏は涼しく冬は暖かいです。部屋での生活がより快適になります。

一人暮らしでカーテンを選ぶ3つの注意点

一人暮らしでカーテンを選ぶ3つの注意点

一人暮らしでカーテンを選ぶときに押さえておくべき注意点は3つです。後悔しないためにも確認しておきましょう。

  • 買わない選択肢はない
  • 入居前に買っておく
  • カーテンレールの有無・種類に注意

買わない選択肢はない

一人暮らしでカーテンは必要です。理由は3つあります。

  • 防犯対策
  • 遮光対策
  • 保温対策

カーテンないと不便に感じることは間違いありません。外から丸見えになってしまいます。

リス

自分の身を守ためにも必ずカーテンは用意しましょう。

入居前に買っておく

カーテンは一人暮らしの部屋へ入居する前に買いましょう。入居してから購入すると、カーテンなしで過ごす期間ができるからです。

  • 入居前に買う:入居と同時にカーテンあり
  • 入居後に買う:カーテンなしで少し過ごす

内見のときにカーテンサイズをはかっておくか、入居してすぐに購入してください。カーテンなしで数日間過ごすのはストレスです。

カーテンレールの有無・種類に注意

購入前に、どのようなカーテンが部屋に合うのか確認しておきましょう。物件によってカーテンレールの状態が違うからです。

物件によってはカーテンレールがないところや、特殊な種類のレールの場合もあります。カーテンレールの状態を内見のときに確認しておいてください。

  • カーテンレールはあるか?
  • どんな種類のカーテンレールか?
リス

「カーテンは用意したけど入居日になってつけられない」とならないように注意です。

一人暮らしでおしゃれなカーテンを選ぼう

一人暮らしでおしゃれなカーテンを選ぼう

一人暮らしでおしゃれなカーテンが欲しいなら専門店がおすすめです。こだわりがなく、安いカーテンでいいならAmazonや楽天市場で購入しましょう。

ニトリや無印良品など、実店舗での購入はおすすめしません。実店舗には以下のデメリットがあるからです。

  • 手間がかかる
  • 種類が限られる
  • 安いわけではない

パーフェクトスペースカーテン館』は、1cm刻みでカーテンを販売しているカーテン専門店です。 5000種類以上のデザインから、お気に入りのカーテンを選べます。

\無料でサンプルがもらえる!/

一人暮らしではカーテン以外にも必要なものがたくさんあります。準備のし忘れがないように「一人暮らしに必要なものリスト」も参考にしてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次