必要なし!一人暮らしにラグ・絨毯・カーペットがいらない5つの理由

必要なし!一人暮らしにラグ・絨毯・カーペットがいらない5つの理由
この記事で解決できる悩み
  • 部屋が狭いからラグは必要ない気がする…
  • 一人暮らしでラグがないと困ることはある?
  • 一人暮らしの初期費用をなるべく安く抑えたい!

一人暮らしでラグなどの敷物が必要と思っている人は後悔します。何も考えずにラグを置くとストレスを溜める原因になるからです。

この記事では一人暮らしにラグや絨毯、カーペットがいらない理由を解説します。記事を参考にすれば、本当にラグが必要か正しく判断できます

ラグを敷かなくてもスリッパやクッションを置けば十分です。ベッドやソファがあれば、ラグを敷く意味はなくなります。

リス

ラグがあると掃除が大変なのでおすすめしません。

目次

一人暮らしにラグ・絨毯・カーペットがいらない5つの理由

一人暮らしにラグ・絨毯・カーペットがいらない5つの理由

一人暮らしの部屋にラグや絨毯、カーペットなどの敷物が必要ない理由は以下の5つです。

  • 掃除が大変
  • 費用がかかる
  • 部屋が狭く感じる
  • 汚れが溜まって不潔
  • 敷かなくても困らない

掃除が大変

一人暮らしでラグや絨毯、カーペットなどの敷物を敷くと、掃除のストレスが増えます。

  • 敷物自体を掃除で吸い込む
  • 掃除機で吸ってもゴミが取れない

敷物なしの場合、クイックルワイパーでサッと一拭きです。掃除機の必要もありません。ものを減らして金銭的にも余裕が出ます。
» 一人暮らしに掃除機がいらない理由

掃除の手間が減れば時間的にも余裕が出ます。忙しい一人暮らしでは効率的です。
» 一人暮らしで家事ができないときの対処法

わざわざ自分の生活を苦しめる必要はありません。敷物をなくして快適な一人暮らしを実現しましょう。

費用がかかる

ラグや絨毯、カーペットなどの敷物を部屋に敷くとお金がかかります。一人暮らしでは他にも必要なものがあるのに敷物にお金を使うのは効率的ではありません。

一人暮らしでは敷物よりも重要なものが多いです。

  • 初期費用・家賃など
  • 光熱費・通信費など
  • 他の家具・家電など

敷物は消耗品です。一度の購入だけでなく、買い替えの必要もあります。

リス

金銭的な面から見ても一人暮らしに敷物は必要ありません。

部屋が狭く感じる

一人暮らしにラグ・絨毯・カーペットがいらない5つの理由

一人暮らしでラグや絨毯、カーペットなどの敷物を敷くと、部屋が狭く感じます。部屋に敷物を敷くと床面積が狭くなり、視覚的に圧迫感を感じるからです。

  • 敷物あり:圧迫感あり
  • 敷物なし:開放感あり

敷物がないとスッキリして部屋に開放感が生まれます。特に1Kやワンルームなどの限られたスペースに住んでいる人は、できるだけ部屋を広く使いたいはずです。

敷物を省けば部屋が狭くても広く感じます。一人暮らしの部屋には特に必要ありません。

汚れが溜まって不潔

ラグや絨毯、カーペットなどの敷物を敷くと不衛生です。下記のような目に見えない汚れを吸収し続けています

  • 食べ物のカス
  • こぼした飲み物
  • 外から帰ってきた足の汚れ

特に飲み物をこぼしたときは悲惨です。完全に汚れが取り切れないどころか、時間もかなり消費します。
» 一人暮らしにおすすめの飲み物

敷物は汚れがたまって不衛生。一人暮らしには必要ありません。

敷かなくても困らない

一人暮らしの部屋にラグや絨毯、カーペットなどの敷物がなくても困りません。下記の通り、目的もなく敷物を敷く人が多いです。

  • なんとなく敷いている
  • 昔から敷いているから
  • あまり敷く理由を考えたことはない

考えてみれば部屋に敷物は必要ないことがわかります。一度、本当に必要か考えてみましょう。

迷うならレンタルがおすすめ!

ラグの購入を迷っているなら、レンタルサービスの利用がおすすめです。「CLAS(クラス)」では、月額1,540円からラグをレンタルできます。必要ないと感じたら返却すれば無駄がありません。
» CLAS(クラス)の口コミ・評判

一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットを敷かない場合の対策3つ

一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットを敷かない場合の対策3つ

一人暮らしの部屋にラグや絨毯、カーペットなどの敷物がないと床が冷たくなります。しかし、下記の対策を行えば問題ありません。

  • スリッパ・靴下を履く
  • クッション・座布団を買う
  • ソファ・ベッドを買う

スリッパ・靴下を履く

スリッパや自宅用の靴下を履けば、一人暮らしの部屋にラグがなくても問題ありません。スリッパや靴下を履けば、常にラグを踏んでいるようなものだからです。

冬場の寒い時期でも「あったか靴下」を履けば足先まで温かくして過ごせます。ラグがない場所でも床の冷たさを感じません。

リス

スリッパや自宅用の靴下は価格もリーズナブルで買い替えも簡単です。

クッション・座布団を買う

クッションや座布団を買えば、敷物がなくても床に座れます。敷物よりもお尻への負担を少なくできるからです。

ローテーブルで食事をとったり作業したりする人は床に座ることが多いはず。座布団があると便利です。
» 一人暮らしにはローテーブルとデスクどっち

敷物に直接座るとお尻へ負担をかけます。結局、座布団を敷かなければいけません。

敷物と座布団を両方敷くのは無駄です。一人暮らしの部屋にラグなどの敷物を敷くのはやめましょう。

ソファ・ベッドを買う

一人暮らしの部屋にソファやベッドがあれば敷物は必要ありません。リラックスするときはソファやベッドの上がほとんど。敷物の意味はないからです。

ソファがあれば床に座る必要はありません。しかし、ソファはスペースを圧迫するので購入には注意してください。
» 一人暮らしにソファがいらない理由

一人暮らしのベッドは専門店での購入がおすすめです。収納タイプや折りたたみタイプを購入すればスペースの節約にもなります。
» 一人暮らしのベッドはどこで買う?

一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットがを敷かないときの注意点5つ

一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットがを敷かないときの注意点5つ

一人暮らしで敷物は基本的に必要ありません。しかし、以下の5つには注意しておましょう。

  • 電気代がかかる
  • 床が傷つきやすい
  • 防音効果がなくなる
  • 大人数のときに困る
  • 殺風景な雰囲気になる

電気代がかかる

一人暮らしでラグや絨毯、カーペットを敷かないと電気代が増えます。床からの底冷えがあり、エアコン代やヒーター代が必要だからです。

  • エアコン代
  • ヒーター代
  • 電気ストーブ代

スリッパや靴下を履けば問題にはなりません。寒いのは冬だけの問題です。夏場は冷たくて気持ち良くなります。

リス

敷物がないと過ごし方によって電気代が増えるので注意しまょう。

床が傷つきやすい

一人暮らしでラグや絨毯、カーペットなどの敷物がないと、床を傷つけてしまいます。敷物がないと衝撃をダイレクトに受けてしまうからです。

敷物があれば衝撃を吸収してくれます。床を傷つける心配がありません。

  • 敷物あり:床を守る安心感
  • 敷物なし:床を傷つけるリスク

しかし、自宅で床を傷つける可能性は低いです。ものを落としても重大な傷にはなりません。

防音効果がなくなる

一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットがを敷かないときの注意点5つ

一人暮らしでラグや絨毯、カーペットなどの敷物がないと、下の階への防音効果がなくなります。音がダイレクトに床へ伝わるからです。

1階に住んでいる人は問題ありません。2階以上に住んでいる場合、下の住民に影響を与える可能性があります。

  • 足音
  • ものを置いた音
  • ものを落とした音
リス

特に築年数の古い賃貸の場合は音が伝わりやすいです。

大人数のときに困る

一人暮らしでラグや絨毯、カーペットなどの敷物がないと大人数のときに困ります。大人数の場合、床に座る必要があるからです。

  • 1人:問題なし
  • 2、3人:ソファなどで対応
  • 4人以上:地べたに座る

床に座るとリラックスできません。大人数を招待する場合はラグが必要になります。

ただし、一人暮らしの部屋に4人以上来ることは少ないです。広い部屋でない場合には必要ありません。

殺風景な雰囲気になる

一人暮らしでラグや絨毯、カーペットなどの敷物がないと殺風景な雰囲気になります。フローリングが剥き出しになるからです。

敷物があればおしゃれな雰囲気を演出できます。

  • 敷物あり:おしゃれ
  • 敷物なし:殺風景

シンプルな雰囲気の部屋にしたいなら敷物ではなくフローリングが適しています。

流行のミニマリストには余計なものが必要ありません。敷物があると雰囲気を乱します。

リス

「賑やかな雰囲気にしたい」「個性を出したい」なら敷物は必要ありません。

一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットが必要な場合におすすめの選び方3つ

一人暮らしでラグ・絨毯・カーペットが必要な場合におすすめの選び方3つ

一人暮らしの部屋にラグや絨毯、カーペットなどの敷物がどうしても必要という人もいます。購入する人のために、一人暮らしで押さえるべきおすすめの選び方を解説します。

  • 洗えるタイプを選ぶ
  • 防ダニ加工タイプを選ぶ
  • 防水・撥水加工タイプを選ぶ

洗えるタイプを選ぶ

ラグを購入するなら洗えるタイプをおすすめします。洗えるタイプは、食べカスや飲み物をこぼしても洗濯してきれいに使えるからです。

敷物は汚れを吸収し続けます。長く使うほど不衛生な状態です。

しかし定期的に洗濯を繰り返せば、衛生的な状態で使い続けられます。ラグを購入するなら洗えるタイプを選びましょう。

リス

洗えるタイプの場合、少し薄めになるのは仕方ありません。

防ダニ加工タイプを選ぶ

ラグを購入するなら防ダニ加工をされているタイプをおすすめします。防ダニ加工をされていないと、不衛生なまま使い続けることになるからです。

足には目に見えないダニが付着しています。素足のまま使用する場合、不衛生な状態です。

防ダニ加工タイプには洗えるタイプも多いです。清潔に気持ちよく使えます。

リス

防ダニ加工タイプのラグならアレルゲンの心配もありません。

防水・撥水加工タイプを選ぶ

一人暮らしの場合、防水・撥水加工タイプをおすすめします。掃除が簡単だからです。食べカスや飲み物をこぼしてもサッと拭けます

防水・撥水加工だとふわふわしたタイプではありません。しかし、汚いラグを使い続けるよりマシです。

一人暮らしでどうしてもラグを購入したい場合は「洗えるタイプ」「防ダニ加工」「防水・撥水加工」から探してみましょう。

安くておしゃれなラグなら「モダンデコ」がおすすめ

「モダンデコ」は低価格でおしゃれなインテリアを提供するネット通販専門店です。口コミでも評判が良く、デザイン性の高いラグマットが揃っています。ラグの購入を検討するなら「モダンデコ」をチェックしましょう。
» 「モダンデコ」の口コミ・評判

一人暮らしにラグ・絨毯・カーペットはいらない

一人暮らしにラグ・絨毯・カーペットはいらない

一人暮らしにラグや絨毯、カーペットは必要ありません。理由は以下の5つです。

  • 掃除が大変
  • 費用がかかる
  • 部屋が狭く感じる
  • 汚れが溜まって不潔
  • 敷かなくても困らない

一人暮らしは敷物がなくてもスリッパや靴下、クッションがあれば快適に過ごせます。無駄にお金を使うのはやめましょう。

リス

ラグを買うと後悔する可能性が高いです。

一人暮らしでは敷物以外に必要なものがたくさんあります。「一人暮らしに必要なものリスト」を参考に、快適な一人暮らしの準備を進めてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次