【保存版】初めての一人暮らし!始め方の流れ5ステップ|費用・手続き・不安など全解説

この記事で解決できる悩み
  • 実家を出たいけど一人暮らしの始め方がわからない…
  • 自分でも一人暮らしを始められるのか不安…
  • 簡単に一人暮らしを始める流れを知りたい!

社会人になって仕事に慣れてきた頃「そろそろ一人暮らしでも…」と考える人は多いです。しかし、初めての一人暮らしで何から始めたらいいのかわからない人は少なくありません

この記事では、一人暮らしの始め方を5ステップでわかりやすく解説します。記事の内容に沿って行動すれば、誰でも簡単に一人暮らしを始められます

一人暮らしの初期費用には、30〜75万円準備しておくのがおすすめです。物件が見つかったら必要なものを購入して引越しをしましょう。

リス

引越し後にガス開栓の立ち会いなどを終えれば一人暮らしのスタートです。

目次

初めての一人暮らし!始め方の流れ5ステップ

初めての一人暮らし!始め方の流れ5ステップ

一人暮らしを始める方法は、以下5つのステップを踏むだけです。誰でも簡単に始められるので安心してください。

  1. 初期費用を準備する
  2. 部屋探しをする
  3. 必要なものを集める
  4. 引越しをする
  5. 各種手続きをする

ステップ①:初期費用を準備する

一人暮らしは初期費用の準備から始めましょう。初期費用がないと一人暮らしは始められません。

一人暮らしの初期費用はおおよそ30〜75万円かかります。初期費用の内訳は以下の通りです。

  • 賃貸契約:15〜42万円
  • 必要なもの:15〜25万円
  • 引越し:0〜8万円

賃貸契約

賃貸契約にはさまざまな費用がかかります。賃貸契約に必要な初期費用は以下の通りです。

項目費用
敷金家賃の1〜2ヶ月分
礼金家賃の1〜2ヶ月分
仲介手数料家賃の0.5〜1ヶ月分
+消費税
前家賃・前管理費家賃の1ヶ月分
保証会社の手数料家賃の0.5〜1ヶ月分
鍵の交換費1〜2万円
火災保険料1〜2万円/年

「家賃6万円」としてシミュレーションすると以下の通りです。

項目費用
敷金6〜12万円
礼金6〜12万円
仲介手数料6.6万円
前家賃・前管理費6万円
保証会社の手数料3〜6万円
鍵の交換費1〜2万円
火災保険料1〜2万円
合計29.6〜46.6万円

他にも「消毒費用」「サポート費用」などを仲介会社から勧められます。しかし利用は任意です。初期費用を抑えたい場合は断りましょう。

賃貸契約は物件によって費用がさまざまです。敷金・礼金が0円の賃貸物件も珍しくありません

リス

ビレッジハウス」に掲載されている物件は敷金・礼金・仲介手数料などすべて0円です。

必要なもの

一人暮らしの家具・家電・日用品に必要な初期費用は、おおよそ15〜25万円かかります。内訳は以下の通りです。

  • 家具:7〜11万円
  • 家電:7〜11万円
  • 日用品:1〜3万円

ただし実家から持って行けるものがあれば、必要なものにかかる費用は大きく抑えられます。使えるものは実家から持っていきましょう
» STEP③必要なものを準備する

引越し

引越しに必要な費用は3〜8万円です。1人分であれば費用は安く済みます。

必要なものをすべて購入するのであれば、引越し費用は0円です。引越し費用を0円に抑える代わりに、新品で家具・家電を購入できます。

荷物が少なければ自分で引越しするのもおすすめです。友人・家族に車や労力を借りれば、引越し業者に依頼する必要はありません。

リス

初めての一人暮らしなら引越しを自分でやるのがおすすめです。

» STEP④引越しをする

ステップ②:部屋探しをする

ステップ②:部屋探しをする

初期費用が準備できたら部屋探しを始めます。希望のエリアで理想の物件があるか探しましょう。

部屋探しで不動産屋に直接行くのはおすすめできません。物件数が少ない上に、特定の物件をゴリ押ししてくる可能性があります。

一人暮らしの物件探しは以下のサイトを利用するのがおすすめです。スマホ1つで簡単に理想の物件が見つかります

サイトietty(イエッティ)
ietty(イエッティ)
イエプラ
イエプラ
キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸
ビレッジハウス
ビレッジハウス
部屋まる。
部屋まる。
対応地域東京23区
川崎市
横浜市
東京・神奈川
埼玉・千葉
大阪・京都・兵庫
全国全国東京・神奈川
埼玉・千葉
物件数250万件以上500万件以上600万件以上1,000件以上都内格安物件最大級
特徴チャット接客型契約までネットで完結最大10万円の祝い金初期費用が安い家賃6万円以下専門
詳細情報へ ▶︎詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめのお部屋探しサイト

一人暮らしでおすすめする間取りは7つです。初めての一人暮らしなら1Kを選べば間違いありません

スクロールできます
間取り家賃スペース掃除詳細▼
ワンルーム安い狭い簡単詳細を見る
1K安いやや狭い簡単詳細を見る
1DK安い普通やや大変詳細を見る
1LDKやや高いやや広いやや大変詳細を見る
2K安いやや狭いやや大変詳細を見る
2DKやや安いやや広いやや大変詳細を見る
2LDK高い広い大変詳細を見る

物件契約は以下の流れで進みます。

  1. 部屋探し
  2. 問い合わせ
  3. 内見
  4. 契約
  5. 鍵の受け取り(入居日)

部屋探しするだけなら無料です。気になるエリアの物件をいろいろ見てみましょう。

ステップ③:必要なものを集める

ステップ③:必要なものを集める

物件が決まれば、次に必要なものを準備していきます。一人暮らしに必要なものは以下の通りです。

必需品
要検討
  • 寝具
  • 照明
  • カーテン
  • 冷蔵庫
  • エアコン
  • 電子レンジ
  • ボディソープ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • バス用スポンジ
  • 洗顔
  • トイレットペーパー
  • トイレクリーナー
  • トイレ用お掃除ブラシ
  • 食器
  • 手鍋
  • スポンジ
  • 洗剤
  • ラップ
  • ソファ
  • テーブル
  • ラグ
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • 炊飯器
  • テレビ
  • アイロン
  • バスタオル
  • 洗面器
  • バスチェア
  • バスマット
  • シャワーカーテン
  • トイレマット
  • 便座カバー
  • スリッパ
  • 調理器具

物件の間取りに合わせて必要なものは厳選しましょう。ソファやテーブルは絶対にいるわけではありません。

一人暮らしに必要かわからないものは、まずレンタルしてみるのもおすすめです。「CLAS(クラス)」では、月額440円(税込)から家具・家電をレンタルできます。

必要なものはネット通販で購入するのがおすすめです。豊富な種類から選べてスマホで簡単に購入できます。

実店舗で購入すると時間と労力が必要です。入居後に購入しなければいけないため、普通の生活ができるまで時間がかかります。

リス

ネット通販で配達日を入居日以降にしておけばスムーズに生活を始められます。

ステップ④:引越しをする

ステップ④:引越しをする

必要なものの準備が済んだら、引越しをしましょう。引越しする方法は2つです。

  • 自分で引越する
  • 引越し業者に依頼する

自分で引越しする

一人暮らしの引越しは自分で行えます。以下2つのパターンであれば自分で引越ししましょう。

  • 引越しする荷物が少ない
  • 必要なものをすべて購入する

車を準備できれば一人暮らしの引越しは簡単です。必要なものを車に詰めて持ち運んでください。

ただし、1人で引越しするのはおすすめできません。家の前に車を駐車するため、1人は車に残る必要があるからです。友人や家族に頼んで、2〜3人で引越しを行いましょう

自分で引越しすれば費用は0円です。多くの場合、初めての一人暮らしは自分で引越しできます。
» 一人暮らしの引越しは自分でやるべき理由

引越し業者に依頼する

自分で引越しを行えない場合、引越し業者に依頼しましょう。引越し業者に依頼するケースは以下の3つです。

  • 荷物が多い場合
  • 引越し先が遠い場合
  • 人員を確保できない場合

単身者の引越し料金は3〜8万円程度です。引越しする距離や荷物によって変わります。

引越し侍」を利用すれば、最安値の引越し業者が見つかります。業者に引越しを依頼する人は無駄に費用を使わないためにも必ず利用しましょう。

ステップ⑤:各種手続きをする

一人暮らしでは、引越し前後にさまざまな手続きが必要になります。

入居前に水道・電気・ガスの開通依頼を必ずしておきましょう。各種ライフラインの手続きはインターネットから簡単に行えます。各地域の水道会社などのホームページを確認してください。

インターネット開通の手続きも入居日が決まったら行っておきます。ドコモ home 5G」ならコンセントに挿すだけでインターネットを使えるので、一人暮らしに便利です。

引越し後に行うことは以下の通りです。

  • 転出届の提出(市区町村を出る場合)
  • 転居届の提出(市区町村を出る場合)
  • 転入届の提出(同じ市区町村の場合)
  • ガス開栓の立ち会い
  • 各種住所変更(運転免許証など)

水道・電気・ガスさえ行っておけば、他は急ぐ必要がありません。焦らずに1つ1つ確認していきましょう。

リス

手続きはどれも想像以上に簡単なので安心してください。

初めての一人暮らしに関する不安を解決

初めての一人暮らしに関する不安を解決

初めての一人暮らしに関する疑問や不安に答えます。

一人暮らしは楽?

一人暮らしは実家暮らしよりも楽だと感じることがたくさんあります。家族との兼ね合いを考える必要がないからです。

  • 誰にも気を使わない
  • 好きな部屋にできる
  • 好きな場所に住める
  • 好きな服装でいられる
  • 好きな料理を食べられる
  • 友人・恋人を気軽に呼べる
  • 好きなことに時間を使える

一人暮らしは想像以上に快適な生活を実現できます。一人暮らしを始める人は楽しみにしていてください。
» 社会人の一人暮らしで楽なこと

一人暮らしはするべき?

一人暮らしは人生で一度はするべきです。理由は3つあります。

  • 自立できない
  • 結婚できない
  • 今しかできない

一人暮らしをしないまま、30代・40代と過ぎていくと後悔します。一人暮らしをするべきか迷っているならすぐに行動しましょう。

リス

一人暮らしを始めて後悔する可能性は少ないです。

» 一人暮らしはするべきか?【男女共通】

一人暮らしは自立と言える?

「一人暮らし=自立」とは一概に言えません。一人暮らしでも、下記のパターンは自立していると言えないからです。

  • 仕送りがある
  • 両親が家事を手伝う
  • ただの部屋になっている

両親に依存しない生活を送ってこそ自立と言えます。金銭面・生活面で貢献できているなら、実家暮らしでも自立できているのです。
» 「一人暮らし=自立」ではない3つの理由

一人暮らしは無駄なのでは?

初めての一人暮らしに関する不安を解決

一人暮らしを経験することに無駄はありません。一人暮らししないとわからないことがたくさんあるからです。

両親のありがたみは、1人にならないと実感できません。家事・掃除・金銭面など、大変だったことがよくわかります。

一人暮らしよりも、何も経験できない実家暮らしを続けるほうが無駄です。貴重な人生を無駄に過ごしたくないなら、一度は一人暮らしを経験しましょう。
» 一人暮らしが無駄ではない理由

一人暮らしはできない気がする…

一人暮らしは誰でもできます。「できない」と感じるのは単なる思い込みです。

初めは誰もが家事をできません。家事は簡単に覚えられます。「できない」と言い訳するのは、単にめんどくさがっているだけです。

家族に依存するのはやめましょう。社会人で働いているのなら、金銭的にも問題ないはずです。

リス

「できない理由」ではなく「できる理由」を探しましょう。

» 一人暮らしができないのは甘えである理由

両親に一人暮らしを反対される…

両親に反対されても一人暮らしを始めましょう。社会人なら自分で生活を選択する権利があります

両親が反対するのは、4つの不安があるからです。

  • 金銭的な不安
  • 生活面の不安
  • 安全面の不安
  • 精神的な不安

不安をかき消すポイントを踏まえて説得すれば、両親も納得してくれます。
» 一人暮らしを親に反対されるときの説得方法

社会人なら物件を決めた後に報告してもOKです。事後報告なら両親も認めざるを得ません。

一人暮らしは何歳からがベスト?

初めての一人暮らしに関する不安を解決

社会人2〜3年目に一人暮らしを始めるのがおすすめです。仕事に慣れてくる頃で、金銭的にも精神的にも余裕があります。

  • 学生:金銭的に厳しい
  • 社会人なりたて:金銭的・精神的に厳しい
  • 社会人2〜3年目:金銭的・精神的に余裕
  • 30歳以上:精神的に追いつかない

安定した収入があれば何歳でも一人暮らしを始められます。未成年でも契約者が両親なら問題ありません

リス

20代中盤から後半にかけてが一人暮らしを始めるベストのタイミングです。

» 一人暮らしを始める最適な年齢は何歳から?

フリーターでも一人暮らしできる?

フリーターでも問題なく一人暮らしできます。物件を契約するのに正社員である必要はありません

ただしフリーターは正社員に比べて収入が低いです。住める物件は限られてきます。

地方であれば月収10万円でも一人暮らしは可能です。実際、当サイトの管理人はフリーター時代に10万円で一人暮らししていました。

東京都の家賃相場は高いです。フリーターで一人暮らしはきつい生活を強いられます。

実家近くの一人暮らしは意味ある?

実家近くの一人暮らしでも大きな意味があります。以下のようにメリットが多いからです。

  • 自由を得られる
  • 自立する力が身につく
  • 両親のありがたみがわかる
  • 両親とお互いにフォローできる
  • いらないものは実家に置いておける

ただし実家近くでも、両親に甘えてはいけません。両親にお世話になっていては一人暮らしの意味がなくなります。
» 実家から通えるのに一人暮らしは無駄?

リス

実家近くの一人暮らしでも無駄にはなりません。

一人暮らしは大変?きついことは?

初めての一人暮らしに関する不安を解決

一人暮らしでは大変なこともたくさんあります。1人ですべてこなさなければいけないからです。

  • 掃除
  • 洗濯
  • 怖い
  • 寂しい
  • 防犯面
  • お金の管理
  • 食事の準備
  • 生活リズム
  • 頼れる人がいない

しかし一人暮らしできついと思うことは、実家で両親が行っています。一人暮らししなければ、いつまで経っても自立できません。

家事が大変でも、時短家電や家事代行サービスを利用すれば楽になります。工夫した生活を送ることで、大変な暮らしは回避可能です。
» 社会人の一人暮らしで大変なこと

一人暮らししたいけど家事ができない…

一人暮らしでは家事ができなくも生活できます。家事の手間を省けるサービスを利用すればいいだけです。

自炊できなくても、外食や宅配弁当を利用すればOK。掃除・洗濯ができないなら家事代行サービスを利用しましょう。

一人暮らしでは仕事で忙しい人も多いはず。せっかくの自由時間に家事を行うのはもったいないです。
» 一人暮らしで家事ができないときの対処法

リス

家事ができなくても問題なく一人暮らしは可能です。

賃貸アパートの1階はやめたほうがいい?

一人暮らしをする場合、賃貸アパートの1階に住むのはデメリットがあります

  • 日当たりが悪い
  • 外の音がうるさい
  • 女性は防犯面で心配
  • 洗濯物が干しにくい
  • ゴキブリなど虫が発生
  • 上の階の音がうるさい
  • 外からの視線が気になる

しかし賃貸アパートの1階は家賃が安いなどメリットも多く、一概におすすめできないとも言えません。上記のデメリットがあれば十分に住む価値はあります。
» 賃貸アパートの1階はやめたほうがいい理由

お金がないなら一人暮らしはしないほうがいい?

お金がないなら無理に一人暮らしを始める必要はありません。お金がないのに一人暮らしを始めると、貧相な生活を強いられます。

お金が貯まるまでは実家で貯金しましょう。資金に余裕が出てから一人暮らしを検討してください。

ただし、ずっと実家暮らしも好ましくありません。理由は3つです。

  • 自立できない
  • 結婚できない
  • 両親のありがたみがわからない
リス

いつか一人暮らしできるようにお金を貯めましょう。

» 一人暮らしをしないほうがいい人の特徴

一人暮らしをやめたくなったらどうすればいい?

一人暮らしをやめて帰りたいと思ったら実家に帰りましょう。両親は快く受け入れてくれます

人生では休息する時期も必要です。無理をしてまで一人暮らしを続けることはありません。

一人暮らしに疲れたら、一度実家に帰って充電しましょう。後悔することはありません。
» 一人暮らしをやめたいなら帰るべき理由

初めての一人暮らしを楽しもう

初めての一人暮らしを楽しもう

一人暮らしの始め方は以下の流れで進めましょう。誰でも簡単に一人暮らしを始められます。

  1. 初期費用を準備する
  2. 部屋探しをする
  3. 必要なものを集める
  4. 引越しをする
  5. 各種手続きをする

初期費用には30〜75万円程度準備しておくのがおすすめです。初期費用を準備できたら部屋探しを始めましょう。

初期費用がまだ貯まっていなくても、部屋探しするのは無料です。一人暮らしをするイメージを作るためにも、まずは住めそうな物件がないか探してみてください。

サイトietty(イエッティ)
ietty(イエッティ)
イエプラ
イエプラ
キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸
ビレッジハウス
ビレッジハウス
部屋まる。
部屋まる。
対応地域東京23区
川崎市
横浜市
東京・神奈川
埼玉・千葉
大阪・京都・兵庫
全国全国東京・神奈川
埼玉・千葉
物件数250万件以上500万件以上600万件以上1,000件以上都内格安物件最大級
特徴チャット接客型契約までネットで完結最大10万円の祝い金初期費用が安い家賃6万円以下専門
詳細情報へ ▶︎詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめのお部屋探しサイト
目次
閉じる