【比較】理想の一人暮らしを実現するおすすめの間取り7選!失敗しない選び方

この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしの間取り選びに迷っている…
  • 一人暮らしは1Kを選べば間違いない?
  • 理想の間取りで快適な一人暮らしを始めたい!

初めての一人暮らしで迷うのが「どの間取りにするか」。間取りにはワンルームや1K、1LDKなど多数あり、何を選べばいいのか迷う人は多いです。「とりあえず」で選んでしまうと後悔してしまうことも…。

この記事では、一人暮らしにおすすめの間取りを解説します。記事を読めば、理想的な間取りで一人暮らしを始められます

間取り選びのポイント

一人暮らしの間取りは「予算」と「ライフスタイル」に合わせて決めましょう。初めての一人暮らしなら「1K」を選べば間違いありません。

リス

予算に余裕があれば「1LDK」もおすすめです。

目次

一人暮らしにおすすめの間取り7選

一人暮らしにおすすめの間取り7選

一人暮らしにおすすめする間取りは以下の7つです。

間取り家賃スペース掃除詳細▼
1R安い狭い簡単詳細
1Kやや安い狭い簡単詳細
1DK普通普通普通詳細
1LDKやや高い広い面倒詳細
2K普通やや狭いやや面倒詳細
2DKやや高いやや広い面倒詳細
2LDK高い広い面倒詳細
間取り家賃
ワンルーム5.3万〜12.9万円
1K6.3万〜12.0万円
1DK6.7万〜15.0万円
1LDK9.1万〜22.4万円
2K・2DK6.9万〜19.8万円
2LDK以上9.8万〜31.0万円
東京23区の間取り別家賃相場
(参考:CHINTAI)

ワンルーム

ワンルームの間取り

ワンルームはとにかく家賃を抑えたい人におすすめします。間取りの中でもっとも家賃相場が低いからです。

ワンルームは家賃が安い分、デメリットが多いです。

  • 狭い
  • 玄関からの冷気で寒い
  • 浴室からの湿気が溜まる
  • キッチンからの臭いが気になる

ワンルームにはバス・トイレが一緒もしくはない物件もあります。一人暮らしに快適さを求める人には向いていません。
» ワンルームのメリット・デメリット

1K

1Kの間取り

1Kは一人暮らしの間取りでもっとも人気です。家賃が安くて、それなりに快適な生活ができます

ワンルームとは違い、部屋とキッチンが分かれています。料理したときの臭いが部屋に充満しません。

1Kといっても、部屋の広さやバス・トイレの有無はさまざまです。予算との兼ね合いを考えながら物件を検討しましょう。

リス

初めての一人暮らしなら1Kがおすすめです。

» 一人暮らしの間取りで6畳の1Kは狭い?

1DK

1DK

1DKは1Kよりも少しスペースに余裕のある間取りです。1Kに加えてダイニングが加わっています。

1DKのデメリットは以下の通りです。

  • 築年数が古い
  • 1Kより家賃が高い
  • ダイニングキッチンは使いにくい

1DKのダイニングキッチンは一般的な家庭に比べて狭く作られています。1Kのキッチン部分を少し広くしただけと考えてください。
» 1DKに住むメリット・デメリット

1DKの物件は築年数が古いことも多いです。1DKを検討する場合はデメリットに注意しましょう。

1LDK

1LDKの間取り

資金に余裕があるなら、1LDKは一人暮らしにもっともおすすめの間取りです。スペースに余裕のある理想的な生活を実現できます。

1K・1LDKと違って、寝室や仕事部屋を作ってもOK。メリハリのある生活を送れます。

ただし「L(リビング)」が付くと家賃がグッと高くなります。予算に応じて検討してください。

リス

収入の1/4で家賃を支払えるなら1LDKがおすすめです。

» 一人暮らしに1LDKは贅沢?広すぎる?

2K

2Kの間取り

2Kはキッチンに加えて2つの部屋がある間取りです。1Kに部屋を1つ追加したイメージと考えてください。

2Kの物件は基本的に築年数が古いです。1950年以前に主流だった間取りで、現在は作られることが少なくなっています。

2Kには以下の条件が多いです。

  • 和室
  • 和式トイレ
  • お風呂が古い
  • 洗濯機が外置き

一人暮らしに2Kはあまりおすすめしません。2Kよりも1K・1DKがおすすめです。
» 一人暮らしで2Kを選ぶデメリット

2DK

2DKの間取り

2DKは一人暮らしにはやや広い間取りです。2DKはダイニングキッチンに加えて2つの部屋があります。

2DKの場合、ダイニングキッチンは6畳以上10畳未満の大きさと決められています。ダイニングキッチンが6畳より狭ければ「2K」、10畳より大きければ「2LDK」です。

2DKには築年数の古い物件が多くなります。2DKは1980年代に流行した間取りです。

リス

築年数が古くてもOKで予算内なら2DKはおすすめです。

» 一人暮らしで2DKは贅沢?広すぎる?

2LDK

2LDKの間取り

2LDKは資金にかなり余裕のある人におすすめの間取りです。家賃が高い分、スペースに余裕のある優雅な暮らしを実現できます。

2LDKは寝室の他に、違う用途の部屋を作れます。以下のような使い方が可能です。

  • 仕事部屋
  • 趣味部屋
  • ゲストルーム

初めての一人暮らしに2LDKはおすすめしません。初めてにしては広すぎるため、スペースと家賃を無駄に使います。

2LDKは30代・40代で収入に余裕のある一人暮らしにおすすめの間取りです。
» 一人暮らしで2LDKは贅沢?使い方の具体例

一人暮らしに3LDKは広すぎる

一人暮らしで3LDKを選ぶのはおすすめできません。一人で住むには広すぎるからです。よほど資金に余裕があるか、荷物の多い人以外は3LDKを選ぶのはやめましょう。

一人暮らしの間取りの選び方

一人暮らしの間取りの選び方

一人暮らしの間取りは以下の3つのポイントを元に考えましょう。

  • 家賃で選ぶ
  • 荷物の量で選ぶ
  • ライフスタイルで選ぶ

家賃で選ぶ

一人暮らしの物件選びで家賃は重要です。収入の割に家賃が高いと生活が成り立ちません

家賃は収入の1/4を目安に考えてください。収入に見合った生活ができます。

東京都の間取り別家賃の相場は以下の通りです。

間取り家賃
ワンルーム5.3万〜12.9万円
1K6.3万〜12.0万円
1DK6.7万〜15.0万円
1LDK9.1万〜22.4万円
2K・2DK6.9万〜19.8万円
2LDK以上9.8万〜31.0万円
(参考:CHINTAI)

優雅な生活に憧れて、高い家賃の物件を選んではいけません。理想の生活ではなく、苦しい生活が待っています。
» 賃貸アパートの1階はやめたほうがいい理由

荷物の量で選ぶ

荷物の量に合わせて間取りを選ぶことも大切です。荷物が多いと狭い間取りでは足りません

通常、一人暮らしで荷物は増えにくいです。しかし、ものを捨てられない人は荷物が溜まっていきます。

一人暮らしでは必要なものを厳選しましょう。「一人暮らしに必要なものリスト」を参考に、必要最低限のものだけを準備してください。

ライフスタイルで選ぶ

ライフスタイルに合わせて間取りを選ぶことも重要です。人それぞれ仕事や部屋の使い方が違います

在宅ワーカーの場合は1LDKなど、仕事部屋を設けるのがおすすめです。「仕事は仕事」「遊びは遊び」とメリハリのある生活が送れます。

基本的に外出しており、自宅にいる時間が少ないならワンルームや1Kで十分です。帰宅して寝るだけなら広い間取りの意味がありません。

リス

どのような生活を送るか想像して間取りを選びましょう。

最適な間取りで理想の一人暮らしを実現しよう

最適な間取りで理想の一人暮らしを実現しよう

一人暮らしの間取りは予算とライフスタイルを合わせて選びましょう。一人暮らしにおすすめの間取りは以下の7つです。

間取り家賃スペース掃除詳細▼
1R安い狭い簡単詳細
1Kやや安い狭い簡単詳細
1DK普通普通普通詳細
1LDKやや高い広い面倒詳細
2K普通やや狭いやや面倒詳細
2DKやや高いやや広い面倒詳細
2LDK高い広い面倒詳細

理想の間取りが決まっても、希望のエリアに物件がなければ意味がありません。一人暮暮らしで理想の物件が見つかりやすいおすすめのサイトは以下の5つです。

サイトietty(イエッティ)
ietty(イエッティ)
イエプラ
イエプラ
キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸
ビレッジハウス
ビレッジハウス
部屋まる。
部屋まる。
対応地域東京23区
川崎市
横浜市
東京・神奈川
埼玉・千葉
大阪・京都・兵庫
全国全国東京・神奈川
埼玉・千葉
物件数250万件以上500万件以上600万件以上1,000件以上都内格安物件最大級
特徴チャット接客型契約までネットで完結最大10万円の祝い金初期費用が安い家賃6万円以下専門
詳細情報へ ▶︎詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめのお部屋探しサイト
リス

最適な間取りで理想の一人暮らしを始めましょう。

目次
閉じる