一人暮らしの野菜不足対策におすすめの野菜ジュース3選【栄養を補おう】

一人暮らしの野菜不足対策におすすめの野菜ジュース3選【栄養を補おう】
この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしの野菜不足を手軽に補いたい…
  • 野菜ジュースは意味がないのでは?
  • 砂糖や食塩を使っていない野菜ジュースは何?

一人暮らしの野菜不足対策として、野菜ジュースを検討する人は多いです。しかし、コンビニなどで手軽に買える野菜ジュースには、砂糖や食塩が含まれている可能性があります。何も考えずに野菜ジュースを選ぶと、糖分やカロリーの偏りに繋がる可能性が高いです。

この記事では、一人暮らしの野菜不足対策におすすめの野菜ジュースを紹介します。記事で紹介する野菜ジュースを活用すれば、一人暮らしの栄養不足を手軽に補えます

野菜ジュースは「特定保険用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」の表示がある商品がおすすめです。無添加でしっかりと栄養を補給できる野菜ジュースを選びましょう。

リス

野菜ジュース選びに失敗したくないなら、特定保健用食品(トクホ)の「緑でサラナ」がおすすめです。

目次

一人暮らしの野菜不足におすすめの野菜ジュース3選

一人暮らしの野菜不足におすすめの野菜ジュース3選

一人暮らしの野菜不足対策におすすめの野菜ジュースは以下の3つです。

スクロールできます
商品名緑でサラナ毎日飲む野菜つぶより野菜
商品緑でサラナ毎日飲む野菜つぶより野菜
メーカーサンスターカゴメカゴメ
分類特定保健用食品
(トクホ)
機能性表示食品
価格(税込)5,832円/30本1,980円/20本1,980円/15本
1本あたりの価格195円99円132円
補える野菜の量100g260g350g
原材料ブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモントマト、にんじん、赤ピーマン、アスパラガス、パセリ、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリースプラウト、レモン果汁にんじん、トマト、キャベツ、セロリ、芽キャベツ、レタス、ほうれん草、レモン
特徴砂糖、食塩、香料、保存料不使用砂糖、食塩、香料、保存料不使用容器は燃えるゴミ
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

サンスター 緑でサラナ

サントリー 緑でサラナ

売上本数が2億本を突破している、サンスターの野菜ジュース「緑でサラナ」。コレステロールを下げるSMCSを含んだ、日本で唯一の特定保健用食品(トクホ)です。

「緑でサラナ」は1缶に8種類の野菜と2種類の果物を使用しています。1缶で野菜約100g分補える計算です。

砂糖や食塩、香料、保存料は無添加。公式サイトなら10%オフで気軽にお試しできます

リス

一人暮らしの野菜不足が気になるなら「緑でサラナ」を選べば間違いありません。

カゴメ 毎日飲む野菜

カゴメ 毎日飲む野菜

7種類の緑黄色野菜を260gも配合している機能性表示食品、カゴメの「毎日飲む野菜」。高めの血圧を下げる機能が報告されているGAVAを配合しています。

食塩、砂糖、香料、保存料は不使用です。濃厚でありながらスッキリとした飲み口で、毎日おいしく続けられます。

公式サイトからの購入で、1本あたり100円以内でお試しが可能です。続けやすい野菜ジュースで野菜不足を解消したい人は「毎日飲む野菜」を試してみましょう。

カゴメ つぶより野菜

カゴメ つぶより野菜

野菜はすべて国産にこだわったカゴメの野菜ジュース「つぶより野菜」。1日分の野菜350gを使用しています。まるで野菜をそのまま食べているような食感が特徴です。

「つぶより野菜」に使われている容器は、カートカンを採用。燃えるゴミとして捨てられるので、ゴミ捨ての手間を減らせます。

公式サイトにはお得なお試しセットが用意されています。一人暮らしの野菜不足を解消したい人は「つぶより野菜」を試してみてください。

一人暮らしで野菜ジュースを活用するコツ

一人暮らしで野菜ジュースを活用するコツ

一人暮らしで野菜ジュースを活用するコツは以下の3つです。野菜ジュースの効果を最大限に活かすためにも、必ず押さえておきましょう。

1日1杯を目安に飲む

一人暮らしで野菜ジュースを活用するコツ:1日1杯を目安に飲む

一人暮らしで野菜ジュースを活用する場合は、1日1杯程度の摂取量に抑えましょう。野菜ジュースを飲みすぎると、栄養が偏る可能性があります。

野菜ジュースは果汁が含まれている商品も多いです。大量に飲むのはおすすめできません。

特定保健用食品(トクホ)などの野菜ジュースの場合、1日2杯を推奨している場合もあります。推奨摂取量を上回らないように気をつけてください。

リス

野菜ジュースの飲み過ぎは肥満の原因にも繋がります。

食事の補助として飲む

一人暮らしで野菜ジュースを活用するコツ:食事の補助として飲む

一人暮らしの食生活に野菜ジュースを取り入れる場合は、食事の補助として飲んでください。野菜ジュースだけでは野菜不足を補えないからです。

野菜ジュースはあくまでも栄養の補助。「野菜ジュースを飲んでいるから」と安心してはいけません。

基本的な食生活を整えた上で野菜ジュースを取り入れるのがおすすめです。普段飲んでいる甘いジュースなどを野菜ジュースに置き換えましょう。

野菜ジュースを飲むタイミング

野菜ジュースは食前や空腹時に飲むのがおすすめです。野菜ジュースに含まれる食物繊維やクエン酸が、食事による血糖値の上昇を抑えます。朝食の前やおやつの代わりなどに飲みましょう。

砂糖・食塩不使用の商品を選ぶ

一人暮らしで野菜ジュースを活用するコツ:砂糖・食塩不使用の商品を選ぶ

一人暮らしの野菜不足に野菜ジュースを活用するなら、砂糖や食塩を使っていない商品を選びましょう。砂糖や食塩を使用している野菜ジュースは、栄養の偏りに繋がります

コンビニやスーパーで野菜ジュースを買うときは注意してください。「1日分の野菜を補える」と書いてあっても、砂糖や食塩がたくさん使われている可能性もあります。

砂糖や食塩以外の添加物にも気をつけてください。身体のことを考えるなら、無添加の野菜ジュースを選びましょう。

リス

野菜ジュースを食生活に取り入れるなら、商品選びが重要なポイントです。

一人暮らしで野菜ジュースを飲むメリット

一人暮らしで野菜ジュースを飲むメリット

一人暮らしで野菜ジュースを飲むメリットは以下の4つです。一人暮らしに野菜ジュースを取り入れれば、健康的な食生活を実現しやすくなります。

長期保存できる

一人暮らしで野菜ジュースを飲むメリット:長期保存できる

野菜ジュースは長期保存できます。野菜ジュースの平均的な賞味期限は以下のとおりです。

  • 紙パック:半年
  • ペットボトル:1年
  • 缶:3年

生の野菜を使うと腐らせてしまうことがよくあります。食材を余らせやすい一人暮らしの場合は、特に注意が必要です。

野菜ジュースなら、消費を気にすることなく生活に取り入れられます。腐らせて捨てるものがない分、無駄がありません。

栄養素の吸収効率が良い

一人暮らしで野菜ジュースを飲むメリット:栄養素の吸収効率が良い

野菜ジュースにすることで、吸収率が高くなる栄養素があります。生の野菜で摂取するよりも、野菜ジュースにすることで吸収率が上がる栄養素は以下のとおりです。

  • リコピン
  • β-カロテン

ただし、ビタミンCや食物繊維などは野菜ジュースにすることで減少します。「野菜ジュースは意味がない」と言われる理由の一つです。

野菜を搾汁したり、加熱などの処理をしてジュースにすると、ビタミンCや食物繊維など減少する成分があります。しかし、加熱しても減少しにくい栄養素はたくさんあります。カルシウムやカリウムなどのミネラルや、野菜の色素であるカロテノイドなどです。これらの中には、リコピンやβ-カロテンのように、生の野菜から摂るよりも野菜ジュース等の加工品で摂る方が吸収率の良い栄養素もあるのです。

カゴメ

野菜嫌いでも摂取しやすい

一人暮らしで野菜ジュースを飲むメリット:野菜嫌いでも摂取しやすい

野菜ジュースは野菜が嫌いな人でも手軽に栄養を補給できます。野菜独特の食感や味がなくなるからです。

一人暮らしで自由な食生活が手に入ると、嫌いなものを食べる習慣がなくなります。野菜が嫌いな場合、一人暮らしを始めて野菜不足に陥る人は多いです。

野菜ジュースを活用すれば、野菜嫌いでもストレスなく生活に取り入れられます。無理して野菜を食べたくない人は、野菜ジュースで栄養を補給しましょう。

リス

嫌いな野菜でも、すり潰されていればおいしく摂取できます。

豊富な栄養を手軽に補える

一人暮らしで野菜ジュースを飲むメリット:豊富な栄養を手軽に補える

野菜ジュースを活用すれば、豊富な栄養を手軽に補えます。野菜ジュースには、複数の野菜を使っていることが多いからです。

商品名使用野菜
緑でサラナブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモン
毎日飲む野菜トマト、にんじん、赤ピーマン、アスパラガス、パセリ、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリースプラウト、レモン果汁
つぶより野菜にんじん、トマト、キャベツ、セロリ、芽キャベツ、レタス、ほうれん草、レモン

自炊で野菜不足を補おうとすると、一部の野菜しか取り入れられません。野菜を食べているつもりでも、栄養が十分に取れていないことが多いです。

野菜ジュースを活用すれば、摂取しにくい栄養素も補えます。毎日飲むだけなので、自炊の手間もかかりません

野菜ジュース以外の一人暮らしの野菜不足対策

野菜ジュース以外の一人暮らしの野菜不足対策

一人暮らしの野菜不足対策は、野菜ジュース以外にもたくさんあります。

青汁

【手軽】一人暮らしの野菜不足を補うおすすめの青汁3選!飲むタイミング

青汁を利用すれば、一人暮らしの野菜不足を手軽に補えます。粉末状の青汁を水や牛乳に溶かすだけで飲めるからです。

青汁なら低コストで続けられます。例えば「ドクターベジフル青汁」は、1杯あたり約68円です。

起床後や就寝前などに青汁を取り入れてみてください。青汁なら毎日の生活に自然と取り入れられます

\全額返金保証あり!/

スムージー

スムージー

スムージーを利用すれば、一人暮らしの野菜不足を補えます。野菜を利用したスムージーもあるからです。

スムージーはフルーツも一緒に摂取できます。野菜とともに果物に含まれる栄養素の摂取が可能です。

しかし「スムージーを飲みたいけど面倒…」という人は多いはず。果物や野菜を買ってきてカットするのは大変です。

冷凍宅配スムージーなら、すでにカットされている果物・野菜が自宅に届きます。砂糖や添加物も入っていないので、健康に気を使うなら冷凍宅配スムージーを利用しましょう。

野菜スープ

野菜スープ

宅配の野菜スープを利用すれば、自炊せずに野菜不足を解消できます。野菜が豊富に含まれる冷凍や冷蔵のスープを、自宅まで届けてくれるからです。

野菜スープを自分で作ると手間がかかります。買い物などの手間もあるためおすすめできません。

冷凍や冷蔵の野菜スープを利用すれば、野菜を摂取しつつ時間も確保できます。レンジでチンするだけなので簡単です。

リス

野菜スープならお腹の満足感もあります。

サプリメント

サプリメント

サプリメントを利用すれば、一人暮らしの野菜不足を手軽に補えます。サプリメントは飲むだけで栄養を補給できるからです。

野菜不足解消にフォーカスしたサプリメントもあります。「nagomi KOUSO」は93種類の野菜・果物の発酵エキスが配合されているサプリメントです。

青汁と同じく、サプリメントは低価格で利用できるのもポイント。一人暮らしの栄養補給をサポートしてくれます。

リス

サプリメントなら忙しい一人暮らしでも手間になりません。

\1日60円からの野菜不足対策!/

野菜ジュースで一人暮らしの野菜不足を補おう

野菜ジュースで一人暮らしの野菜不足を補おう

一人暮らしの野菜不足に野菜ジュースを取り入れるのはおすすめです。野菜ジュースを活用すれば、一人暮らしで不足しやすい栄養素を補えます

一人暮らしの野菜不足対策におすすめの野菜ジュースは以下の3つです。

スクロールできます
商品名緑でサラナ毎日飲む野菜つぶより野菜
商品緑でサラナ毎日飲む野菜つぶより野菜
メーカーサンスターカゴメカゴメ
分類特定保健用食品
(トクホ)
機能性表示食品
価格(税込)5,832円/30本1,980円/20本1,980円/15本
1本あたりの価格195円99円132円
補える野菜の量100g260g350g
原材料ブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモントマト、にんじん、赤ピーマン、アスパラガス、パセリ、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリースプラウト、レモン果汁にんじん、トマト、キャベツ、セロリ、芽キャベツ、レタス、ほうれん草、レモン
特徴砂糖、食塩、香料、保存料不使用砂糖、食塩、香料、保存料不使用容器は燃えるゴミ
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ただし、野菜ジュースだけだと一人暮らしの野菜不足は補えません。野菜ジュースはあくまでも栄養の補助。基本的な食生活を整えることが大切です。

一人暮らしの食生活を手軽に整えたいなら、冷凍宅配弁当を利用しましょう。冷凍宅配弁当を利用すれば、自炊しなくても栄養バランスの整った食生活を実現できます。

リス

冷凍宅配弁当と野菜ジュースを併用するのが、賢い一人暮らしの食生活です。

サービス美味しさ値段(1食)配送料メニュー数制限食対応エリア詳細▼
nosh(ナッシュ)noshかなり美味しい462円〜836円〜60種類以上糖質30g以下
塩分2.5g以下
全国詳細を見る
CHEFBOX
CHEFBOX
かなり美味しい557円〜0〜550円150種類以上なし22都道府県詳細を見る

ワタミの宅食ダイレクト
ワタミ
美味しい390円〜800円
初回無料
随時更新低塩分
低カロリー
全国詳細を見る
RIZAP
サポートミール
美味しい828円〜0〜800円全8セット低糖質全国詳細を見る
ヨシケイ シンプルミール
シンプルミール
普通170円〜無料随時更新なし16都道府県詳細を見る
冷凍宅配弁当 比較表
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次