男女別!一人暮らしのトイレットペーパー平均消費量【おすすめの収納方法】

男女別!一人暮らしのトイレットペーパー平均消費量【おすすめの収納方法】
この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしはトイレットペーパーをどのくらい使うのだろう?
  • トイレットペーパーはどのくらいのペースで買えばいい?
  • トイレットペーパーを備蓄すると収納スペースを圧迫する…

初めて一人暮らしする場合、トイレットペーパーを買う量に困ります。家族で住んでいた頃、自分がどのくらいトイレットペーパーを使っていたか把握している人は少ないです。

この記事では、一人暮らしのトイレットペーパーの消費量を紹介します。記事を読めば、無駄にトイレットペーパーを買うことはなく、足りなくなることもありません

男性は2ヶ月に1回、6ロールのトイレットペーパーを買いましょう。女性は1ヶ月に1回、6ロールのトイレットペーパーを買うのがベストです。

リス

生活スタイルによってトイレットペーパーの消費量が変わるので注意してください。

目次

一人暮らしのトイレットペーパー平均消費量

一人暮らしのトイレットペーパー平均消費量

トイレットペーパーの消費量は性別で変わります。男性・女性それぞれの平均使用量は以下の通りです。

  • 男性:1日3.5m
  • 女性:1日12.5m

(参考:データの時間)

男性:1日3.5m

男性が1日に使うトイレットペーパーの平均消費量は3.5mです。トイレットペーパーの長さで1ロールがなくなる期間は変わります。

  • 25m:約7日
  • 30m:約8.5日
  • 40m:約11.5日
  • 50m:約14日
  • 75m:約21日

一人暮らしの男性は、1週間〜3週間でトイレットペーパー1ロールがなくなる計算です。

女性:1日12.5m

女性が1日に使うトイレットペーパーの平均消費量は12.5mです。トイレットペーパーの長さごとの1ロールの消費期間は以下の通り。

  • 25m:2日
  • 30m:約2.5日
  • 40m:約3日
  • 50m:4日
  • 75m:6日

一人暮らしの女性は、2日〜6日でトイレットペーパー1ロールがなくなる計算です。

一人暮らしでトイレットペーパーを買う最適な頻度

一人暮らしでトイレットペーパーを買う最適な頻度

一人暮らしでトイレットペーパーを買う頻度は以下の通りです。

  • 男性は1ヶ月で2〜4ロールを買う
  • 女性は1ヶ月で5〜15ロールを買う

男性は1ヶ月で2〜4ロールを買う

一人暮らしの男性は1ヶ月に1回、2〜4ロール買えばトイレットペーパーが足ります。男性は1ロールを1週間から3週間で消費するからです。

一人暮らしの男性が1ヶ月に必要なトイレットペーパーは以下の通り。

  • 25m:4ロール
  • 30m:4ロール
  • 40m:3ロール
  • 50m:2ロール
  • 75m:1.5ロール

一人暮らしの男性は上記を目安に買い足してください。

女性は1ヶ月で5〜15ロールを買う

一人暮らしの女性は1ヶ月で5〜15ロールトイレットペーパーが必要になります。女性は1ロールを2日から6日で消費するからです。

一人暮らしの女性が1ヶ月に必要なトイレットペーパーは以下の通り。

  • 25m:15ロール
  • 30m:12ロール
  • 40m:10ロール
  • 50m:8ロール
  • 75m:5ロール

一人暮らしの女性は12ロールのトイレットペーパーを購入しても1ヶ月保たない可能性があります。小まめな買い足しが必要です。

トイレットペーパーの備蓄量には余裕を持つ

トイレットペーパーの備蓄量をギリギリにするのはおすすめできません。トイレットペーパーがないとトイレに困るからです。少し余裕を持って準備しておきましょう。

一人暮らしでトイレットペーパーの消費量が増える状況

一人暮らしでトイレットペーパーの消費量が増える状況

一人暮らしでは生活スタイルでトイレットペーパーの消費量が変わります。トイレットペーパーの消費量が増える場合は以下の通りです。

  • ダブルを使用する
  • お腹を下しやすい
  • ウォシュレットがない
  • 自宅にいる時間が長い

ダブルを使用する

ダブルのトイレットペーパーを使用している人は消費量が増えます。ダブルはやや多めに使用してしまうからです。

ダブルは巻く手間が多いです。自然と使う量が増えます。

一方、シングルは巻く手間が多いです。自然と使う量が少なくなります。

リス

トイレットペーパーを節約したい人はシングルタイプがおすすめです。

お腹を下しやすい

お腹を下しやすい人はトイレットペーパーの消費量が増えます。トイレに行く回数が増えるからです。

便秘気味の人はトイレットペーパーを使う量が少なくなります。平均消費量よりも1日に使う量が少ないはずです。

お腹を下しやすい人は多めにトイレットペーパーを購入しましょう。

ウォシュレットがない

一人暮らしのする物件のトイレにウォシュレットがない場合、トイレットペーパーの消費量は増えます。お尻を拭く回数が増えるからです。

ウォシュレットがあるトイレの場合、トイレットペーパーを節約できます。ウォシュレットを使えば少ない量でも十分に拭き取れるからです。

一人暮らしのトイレにウォシュレットがない場合は余裕を持ってトイレットペーパーを準備してください。

自宅にいる時間が長い

一人暮らしする自宅にいる時間が長い場合、トイレットペーパーの消費量は増えます。必然的にトイレに行く回数が増えるからです。

リモートワークなど、自宅で仕事する人は平均消費量よりも多めに見積もってください。外で仕事する人よりもトイレットペーパーの消費量が多くなります。

リス

在宅勤務の人は少し多めにトイレットペーパーを用意しましょう。

一人暮らしのトイレットペーパー収納方法3選

一人暮らしのトイレットペーパー収納方法3選

一人暮らしのトイレットペーパーを収納する方法を紹介します。限りあるスペースを上手に使ってトイレットペーパーを備蓄しましょう。

  • 吊るす
  • ラックを設置
  • 専用ボックスを設置

吊るす

トイレットペーパーを吊るせば、スペースを節約できます。床に置く必要がないからです。

壁に貼り付けるフックとネットを購入しましょう。100円ショップなどで手に入ります。

多めに備蓄する人の場合、吊るすと邪魔です。しかし、男性程度の備蓄量なら十分スペースの有効活用に繋がります。

ラックを設置

トイレにラックを設置すればきれいにトイレットペーパーを収納できます。ラックは見た目がおしゃれだからです。

女性の場合、ラックを置けば生理用品も一緒に収納できます。トイレ用品をまとめて収納できて便利です。

リス

ラックは女性のトイレにおすすめです。

専用ボックスを設置

トイレットペーパーの専用ボックスを設置すれば省スペースで収納できます。トイレットペーパー用に無駄のない作りになっているからです。

トイレットペーパー専用ボックスは、やや多めに備蓄しておきたい男性に向いています。1ヶ月分程度であれば、問題なく収納できるからです。

トイレットペーパー専用ボックスを置けば、見た目のおしゃれなトイレになります。Amazonや楽天市場で、お気に入りのアイテムを探してみてください。

一人暮らしのトイレットペーパー消費量は男女で違う

一人暮らしのトイレットペーパー消費量は男女で違う

一人暮らしのトイレットペーパーは、性別やライフスタイルで異なります。トイレットペーパーの平均消費量は以下の通りです。

  • 男性:1日3.5m
  • 女性:1日12.5m

一人暮らしでトイレットペーパーを買う頻度は以下の通り。

  • 男性は1ヶ月で2〜4ロールを買う
  • 女性は1ヶ月で5〜15ロールを買う

ただし、トイレットペーパーは余裕を持って備蓄しましょう。トイレットペーパーがないとトイレに困ります。

リス

半月分はトイレットペーパーを備蓄するのがおすすめです。

一人暮らしではトイレットペーパー以外にも必要なものがたくさんあります。「一人暮らしに必要なものリスト」を参考に、快適な一人暮らしを実現してください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次