しないとヤバい!一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度【3つのデメリット】

しないとヤバい!一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度【3つのデメリット】
この記事で解決できる悩み
  • トイレはどのくらいの頻度で掃除すればいい?
  • 仕事や他の家事で忙しいからトイレ掃除したくない…
  • 一人暮らしだから頻繁にトイレ掃除しなくてもいいよね?

一人暮らしで誰にも迷惑がかからないとはいえ、トイレ掃除しないとさまざまなデメリットがあります。あまりに汚れがひどいと、退去するとき余分に費用がかかるので注意が必要です。

この記事では、一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度を解説します。記事を読めば、トイレ掃除の手間を最小限に抑えて充実した生活を送れます

トイレの便器は毎日の掃除が理想です。しかし、最低週に1回掃除すれば問題ありません。トイレの壁や床も週に1回で十分です。

リス

トイレのタンクは月に1回掃除しましょう。

目次

一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度

一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度

一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度は場所によって違います。それぞれで最適な掃除頻度は以下の通りです。

  • 便器は毎日の掃除が理想
  • トイレの壁・床は週に1回
  • トイレのタンク掃除は月に1回

便器は毎日の掃除が理想

一人暮らしとはいえ、トイレの便器は毎日掃除するのが理想です。トイレは使う度に尿石が付着します。

しかし一人暮らしでは仕事や他の家事に忙しく、できれば毎日トイレ掃除したくないもの、実際に毎日トイレ掃除を行っている人は少ないです。

トイレ掃除がめんどくさいなら、週に1回でも問題ありません。一人分であれば、週に1回のトイレ掃除でもきれいな状態を保てます。

リス

最低でも週に1回はトイレ掃除しましょう。

トイレの壁・床は週に1回

トイレの壁・床は週に1回の掃除で十分です。便器とは違い、汚れがそれほど溜まる場所ではありません。

壁や床にも見えない汚れが付着します。汚れていないからといって掃除を怠るのはNGです。

トイレの壁や床は「トイレ用掃除シート」で掃除しましょう。「トイレ用掃除シート」には洗浄液が含まれているので、拭くだけきれいになります。使用後はゴミ箱に捨てるだけです。

トイレのタンク掃除は月に1回

トイレのタンク掃除は月に1回程度行いましょう。トイレタンクの掃除をサボると、黒ずみや悪臭の原因になります。

トイレのタンク掃除は「トイレタンク洗浄剤」を月に1回上から入れるだけです。タンク掃除を怠ると、タンクの内部を中性洗剤とスポンジで洗わなければいけません。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
リス

トイレのタンクも忘れずに掃除しましょう。

一人暮らしでトイレ掃除しない人のデメリット

一人暮らしでトイレ掃除しない人のデメリット

一人暮らしでもトイレ掃除しないとデメリットが多いです。以下のデメリットを理解して、小まめに掃除しましょう。

  • 汚れが取れなくなる
  • 来客時に不快感を与える
  • 引越し時に清掃費を取られる

汚れが取れなくなる

トイレ掃除を怠ると、汚れが取れなくなります。以下のようなしつこい汚れが発生するからです。

  • 尿石
  • 水垢
  • 黒ずみ

理想は毎日ですが、週に1回はトイレ掃除しましょう。1ヶ月を超えるほど放置すると、汚れが取れなくなります。
» 一人暮らしで家事ができないときの対処法

来客時に不快感を与える

トイレが汚れているとお客さんが来たときに不快感を与えます。掃除していないと、見た目だけでなく悪臭も放つからです。

お客さんはあなたに対して悪い印象を持つ可能性があります。「だらしない人」「気を遣えない人」と思われてしまうのです。

お客さんが来る直前に掃除しても、しつこい汚れや臭いは取れません。周囲に不快感を与えないためにも、小まめにトイレを掃除しましょう。

引越し時に清掃費を取られる

トイレ掃除を怠ると、引越し時に清掃費を取られる可能性があります。通常の掃除では取れない汚れが付着してしまうからです。

賃貸の場合、契約時と同じ状態に戻すのが義務。借主の責任を取られる場合は、清掃費を取られます。

トイレクリーニングの相場は6,000〜10,000円です。許容範囲の人もいるかもしれませんが、トイレ掃除は少しの手間。気持ち良く過ごすためにも小まめにトイレ掃除を行いましょう。

一人暮らしでトイレ掃除を楽にするアイテム

一人暮らしでトイレ掃除を楽にするアイテム

一人暮らしでトイレ掃除を楽にするグッズを4つ紹介します。以下のアイテムを駆使して日々のトイレ掃除を手軽に済ませましょう。

  • トイレ用掃除シート
  • 流せるトイレブラシ
  • 置くだけタイプの洗浄剤
  • スタンプタイプの洗浄剤

トイレ用掃除シート

トイレ用掃除シートを準備しておけば、トイレ掃除が格段に楽になります。トイレ用掃除シートには洗剤が含まれているからです。拭くだけで簡単にトイレを掃除できます。

トイレ用掃除シートは、使ったらゴミ箱に捨てるだけ。商品によっては掃除の後にそのままトイレに流せます。

リス

トイレ用掃除シートは一人暮らしの必需品です。

流せるトイレブラシ

トイレブラシは流せるタイプを準備しましょう。流せるタイプは清潔な状態で使えます

トイレ掃除が終わったら、シートをそのまま流すだけ。ブラシをあらう手間がありません。

置くだけタイプの洗浄剤

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

置くだけタイプの洗浄剤を使えば、トイレをきれいに保てます。タンクに置いておくだけで黒ずみを防げるからです。

置くだけタイプの洗浄剤を使うだけではいけません。水が流れる部分はきれいになります。しかし、水が流れない部分は汚いからです。

リス

置くだけタイプと他の掃除グッズを併用して利用しましょう。

スタンプタイプの洗浄剤

スタンプタイプの洗浄剤を使えば、便器の中をきれいに保てます。スタンプタイプの洗浄剤は水を流す度にトイレをピカピカにしてくれるからです。

置くだけタイプと同様、水の流れない部分の掃除は必要です。他のトイレ掃除グッズと併用しましょう。

置くだけタイプとスタンプタイプはどちらか一つでOKです。併用する必要はありません。

トイレマットはおすすめしない

一人暮らしでトイレマットは必要ありません。トイレマットを敷くと洗濯の手間が増えます。しかも、汚れも吸収し続けるため不衛生です。

一人暮らしでは、トイレ掃除グッズ以外にも必要なものがたくさんあります。「一人暮らしに必要なものリスト」をチェックしてみてください。

一人暮らしのトイレ掃除で注意するポイント

一人暮らしのトイレ掃除で注意するポイント

一人暮らしのトイレ掃除で注意するポイントを解説します。以下の3つを押さえて、清潔なトイレを保ちましょう。

  • トイレブラシは不衛生
  • 便器以外の場所も掃除する
  • 立って用を足す人は掃除頻度を高める

トイレブラシは不衛生

一般的なトイレブラシを使い続けるのは不衛生です。トイレブラシには汚れが蓄積され続けるからです。

トイレブラシを洗う方法としては以下が考えられます。

  • 便器内で洗う
  • お風呂で洗う
  • ケースの中で洗う

いずれもトイレの汚れを取りきれなかったり、別の場所にバイ菌を付着させてしまう方法です。一般的なトイレブラシを使うのはおすすめできません。

便器以外の場所も掃除する

トイレでは便器以外の場所も掃除しましょう。目には見えないだけで汚れは溜まっています。

便器以外で掃除する場所は以下の通りです。

  • タンク

目に見えない汚れは臭いの原因になります。快適に生活するためにも小まめにトイレ掃除しましょう。

立って用を足す人は掃除頻度を高める

立って用を足す男性の場合は掃除の頻度を高めてください。尿が便器周りに飛び散っています

できれば座って用を足すのがおすすめです。トイレ掃除の頻度が減って自分の時間が増えます。

若い年代では座って用を足す人が増えています。

男性の小スタイル 年齢別グラフ
全体
30.4%
20代
43.7%
30代
37.7%
40代
30.2%
50代
19.6%
60代
20.8%

(参考:ITmediaビジネスONLINE)

リス

立って用を足したい人は小まめな掃除を怠ってはいけません。

一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度は毎日

一人暮らしで最適なトイレ掃除の頻度は毎日

一人暮らしのトイレ掃除は毎日が理想です。しかし、仕事や他の家事で忙しい場合、週に1回程度でも問題ありません

  • 便器は毎日の掃除が理想
  • トイレの壁・床は週に1回
  • トイレのタンク掃除は月に1回

一人暮らしではブラシを使わないトイレ掃除がおすすめです。置くだけタイプやスタンプタイプの洗浄剤で、トイレ掃除の手間を省きましょう。

リス

トイレ掃除に時間を使うと貴重な時間を失います。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次