一人暮らしにはローテーブルとデスクどっちがおすすめ?【両方はNG】

一人暮らしにはローテーブルとデスクどっちがおすすめ?【両方はNG】
この記事で解決できる悩み
  • ローテーブルかデスクかどっちかで迷っている…
  • ローテーブルかデスクのどっちも置くと邪魔?
  • 最適な家具で快適に一人暮らしを始めたい!

一人暮らしでは限られたスペースをうまく使うのがポイントです。必要だからと多くの家具を置くと、スペースが圧迫されて快適に過ごせません

この記事では、一人暮らしではローテーブルとデスクのどっちがおすすめか解説します。記事を読めば、どっちを選ぶべきかわかります

ローテーブルとデスクのどっちも置くのはおすすめできません。部屋のスペースが圧迫されて狭くなります。

リス

部屋を広く使いたいならどっちも置かないがおすすめです。

目次

一人暮らしにはローテーブルとデスクどっちがおすすめ?

一人暮らしにはローテーブルとデスクどっちがおすすめ?

一人暮らしでローテーブルとデスクのどっちを選ぶかは、部屋の大きさやライフスタイルによって違います。

ローテーブル・デスクはどっちかでOK

ローテーブルとデスクはどっちか一つで十分です。両方ともほとんど同じ用途でしか使いません

ローテーブルとデスクのどっちでも以下の作業をこなせます。

  • 食事
  • 化粧
  • 勉強
  • 仕事

ただし、仕事で使うならデスクがおすすめです。ローテーブルでは姿勢が悪くなり、仕事の生産性が下がります。

リス

食事や化粧だけならローテーブルで問題ありません。

ローテーブル・デスクのどっちも置くのはNG

ローテーブルとデスクを両方置くのはおすすめしません。部屋を圧迫して生活スペースを奪われるからです。

1K・ワンルームなどでローテーブルとデスクを両方置くと、足の踏み場もなくなります。窮屈でうまくリラックスできません。

1LDK・2LDKなど部屋が複数ある場合は、ローテーブルとデスクを両方置いても大丈夫です。仕事・勉強の部屋とリラックスする部屋を分ければ、メリハリのある生活を送れます。

ローテーブル・デスクのどっちも置かない選択肢もあり

一人暮らしでは、ローテーブルとデスクのどっちも置かない生活もおすすめです。ローテーブルとデスクのどっちも置かないと、生活スペースに余裕ができます

ローテーブルやデスクがなくても困ることは少ないです。キッチンなどで食事をとれば問題ありません。
» 一人暮らしにテーブルがいらない理由

リス

仕事や勉強をしない限りテーブルがなくても支障ありません。

迷うならレンタルがおすすめ

ローテーブルかデスクか迷っているなら、レンタルサービスの利用がおすすめです。「CLAS(クラス)」では、月額770円からテーブルをレンタルできます。レンタルした上でどちらが必要か決めれば間違いありません。
» CLAS(クラス)の口コミ・評判

一人暮らしを快適にするローテーブル・デスクの選び方

一人暮らしを快適にするローテーブル・デスクの選び方

一人暮らしではローテーブルやデスクを選ぶポイントがあります。以下3つを押さえて満足できる一人暮らしを始めてください。

  • 多機能タイプを選ぶ
  • コンパクトタイプを選ぶ
  • 折りたたみタイプを選ぶ

多機能タイプを選ぶ

一人暮らしでは多機能なローテーブル・デスクを選びましょう。多機能タイプを選べば、スペースの節約に繋がります

  • 収納が多い
  • ドレッサー兼用

シンプルなローテーブル・デスクには、収納やドレッサー機能は搭載されていません。別で収納スペースを用意する必要があります。

リス

多機能タイプならスペースを効率的に使えます。

コンパクトタイプを選ぶ

一人暮らしではコンパクトなローテーブル・デスクを選びましょう。一人暮らしのスペースは限られているからです。

以下の形状をしているローテーブル・デスクであれば、さらにスペースをうまく使えます。

  • L字型
  • 伸縮可能

コンパクトなローテーブル・デスクを選べば、スペースに余裕ができます。部屋に圧迫感がなくなって快適です。

折りたたみタイプを選ぶ

一人暮らしでは折りたたみできるローテーブル・デスクを選びましょう。ローテーブル・デスクを使っていないときに広くスペースを使えます

友人や家族が遊びに来るときなど、ローテーブル・デスクが邪魔です。折りたたみタイプであれば、状況に合わせて片付けておけます。

リス

来客の予定がある場合は折りたたみタイプがおすすめです。

一人暮らしのローテーブル・デスクはどこで買う?

一人暮らしのローテーブル・デスクはどこで買う?

一人暮らしのローテーブル・デスクを買う場所は大きく分けて3つです。求める価格や品質に合わせて選びましょう。

おしゃれなテーブルなら専門店です!
テーブルを買う場所
  • 実店舗
  • Amazon・楽天市場
  • 家具・インテリア専門店

実店舗

実物を見てローテーブル・デスクを買いたい人は、ニトリ無印良品など実店舗での購入がおすすめです。ローテーブル・デスクの感触や大きさなどを確かめられます

ただし、実店舗での購入にはデメリットもあるので気をつけましょう。

  • 種類が限られている
  • 店舗に行く手間がかかる
  • 部屋のサイズを計りながら購入できない

店舗に置かれている商品には限りがあります。妥協して購入することになりかねません。店舗で見て「部屋に入りそう」と思っても、実際に部屋に来ると想定よりも大きいことがあります

リス

実店舗での購入はおすすめしません。

Amazon・楽天市場

豊富な種類からローテーブル・デスクを選びたい人は、Amazon・楽天市場での購入がおすすめです。安いものや多機能なものまで豊富な種類のローテーブル・デスクが揃っています

ただし、Amazon・楽天市場での購入にもデメリットがあるので気をつけましょう。

  • 実物が見れない
  • 品質が担保されていない

Amazon・楽天市場で購入する場合は「LOWYA(ロウヤ)」「unico(ウニコ)」などの有名インテリアメーカーか「アイリスプラザ」「不二貿易」など名の通ったメーカーがおすすめです。

家具・インテリア専門店

おしゃれで品質の高いローテーブル・デスクを買いたい人は、家具・インテリア専門店での購入しましょう。種類も豊富で、一人暮らしの雰囲気がグッと高まります

家具・インテリア専門店の場合にもネットショップがあります。実物は見れませんが、おしゃれな家具を手軽に購入したい人におすすめです。

「モダンデコ」は安くておしゃれなインテリアを提供するネット通販専門店です。デザイン性の高いテーブルで部屋をおしゃれな雰囲気にできます。

リス

安くておしゃれなテーブルが欲しいなら「モダンデコ」をチェックしましょう。

\3ヶ月〜3年間の長期保証あり!/

一人暮らしにはローテーブルとデスクのどっちかでOK

一人暮らしにはローテーブルとデスクのどっちかでOK

一人暮らしではローテーブルとデスクのどっちか一つでOKです。1K・ワンルームに住む場合、ローテーブルとデスクを両方置くのはおすすめしません

一人暮らしのローテーブル・デスクを選ぶポイントは以下の3つです。

  • 多機能タイプを選ぶ
  • コンパクトタイプを選ぶ
  • 折りたたみタイプを選ぶ
リス

部屋を広く使いたいなら置かないことも検討しましょう。

一人暮らしではローテーブルやデスクの他にも必要なものがたくさんあります。「一人暮らしに必要なものリスト」を参考に準備を進めてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次