必要性なし!一人暮らしで掃除機はいらない5つの理由【代わりはクイックルワイパー】

必要性なし!一人暮らしで掃除機はいらない5つの理由【代わりはクイックルワイパー】
この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしは掃除機がないと困る?
  • 掃除機を買わない場合、掃除はどうする?
  • 一人暮らしの初期費用をなるべく抑えたい!

一人暮らしで掃除機を購入しても使わないことは多いです。何も考えずに掃除機を購入するとスペースを圧迫して後悔しかねません。

この記事では、一人暮らしに掃除機はいらない理由を解説します。記事を読めば、生活に掃除機が必要か正しく判断できます

一人暮らしでは掃除機の代わりにクイックルワイパーを使うのがおすすめです。スペースの節約に繋がり、近隣へ騒音の心配もありません。

リス

小まめな人はクイックルワイパーで十分です。

目次

一人暮らしに掃除機はいらない5つの理由

一人暮らしに掃除機はいらない5つの理由

一人暮らしに掃除機がいらない理由は5つです。

  • 初期費用が高い
  • 近所への配慮が必要
  • 掃除機を出すのが面倒
  • 収納スペースを圧迫する
  • 掃除するスペースが少ない

初期費用が高い

掃除機は初期費用が高いです。安い掃除機を選んでも1万円前後はかかります。

掃除機を買わなければ、別の家電や家具にお金をかけられます。効率的なお金の使い方です。

一人暮らしでは掃除機以外にも必要なものがたくさんあります。無駄なものにお金をかけるのはやめましょう。

近所への配慮が必要

掃除機を使うときは近隣への配慮が必要になります。掃除機を使うと大きな音が出るからです。

早朝や深夜に掃除機をかけてはいけません。近隣住民からの苦情に繋がります。

掃除機を使うのは日中が無難です。しかし仕事がある平日、日中に掃除はできません。

掃除機を出すのが面倒

一人暮らしに掃除機はいらない5つの理由

掃除機があっても出すのがめんどくさいです。掃除機は重くて掃除が重労働になります。

洗濯や食事の準備がある中、重い掃除機で掃除するのは億劫です。リラックスする時間を削って、自宅でも疲れる事をしなければいけません。
» 一人暮らしで家事ができないときの対処法

リス

クイックルワイパーなら手軽に掃除できて便利です。

収納スペースを圧迫する

掃除機は収納スペースを圧迫します。掃除機は家電の中でも大きい部類に入るからです。

一人暮らしの貴重な収納スペース。1Kやワンルームの場合、無駄なもので収納スペースを埋めるわけにはいけません。
» 一人暮らしにおすすめの間取りを比較

特に掃除機は形が複雑で、上手に収納するのが難しいです。効率的に収納スペースを使いたいなら、掃除機を購入するのはやめましょう。

掃除するスペースが少ない

一人暮らしでは掃除するスペースが少ないです。1Kやワンルームでは、2、3歩のスペースしかありません。

掃除機を購入しても、使うほどではないと気づきます。少しのスペースのために掃除機を買うのはもったいないです。

リス

少しのスペースならクイックルワイパーがあれば十分です。

迷うならレンタルがおすすめ

掃除機の購入を迷っているなら、レンタルサービスの利用がおすすめです。「CLAS(クラス)」では、月額880円から掃除機をレンタルできます。レンタルした上で掃除機が本当に必要か決めれば間違いありません。
» CLAS(クラス)の口コミ・評判

一人暮らしでクイックルワイパーを使うメリット

一人暮らしでクイックルワイパーを使うメリット

一人暮らしではクイックルワイパーの使用がおすすめです。クイックルワイパーを使うメリットは4つあります。

  • 拭き掃除できる
  • 気軽に掃除できる
  • スペースを圧迫しない
  • 近所への配慮が必要ない

拭き掃除できる

クイックルワイパーは拭き掃除もできます。ウェットシートや雑巾を付けられるからです。

掃除機を購入しても、拭き掃除できるグッズが必要になります。クイックルワイパーがあれば、二役をこなせて無駄がありません

気軽に掃除できる

クイックルワイパーは気軽に掃除できます。クイックルワイパーは軽いからです。

掃除機は重くて掃除するのにストレスがかかります。面倒で次第に掃除しなくなり、部屋が汚くなる人は多いです。

リス

クイックルワイパーなら小まめに掃除できて部屋をきれいに保てます。

スペースを圧迫しない

クイックルワイパーは収納スペースを圧迫しません。形状がスリムだからです。

掃除機は大きいためスペースを使います。クイックルワイパーは収納スペースに立てかけておいても邪魔に感じません。

効率的にスペースを使いたいならクイックルワイパーがおすすめです。

近所への配慮が必要ない

クイックルワイパーは近隣への配慮なしでも使えます。使用中に音がしないからです。

クイックルワイパーだと早朝や深夜に使用しても問題ありません。平日でも小まめに掃除できます。

リス

クイックルワイパーならいつでも掃除できます。

一人暮らしでクイックルワイパーを使うデメリット

一人暮らしでクイックルワイパーを使うデメリット

クイックルワイパーにはデメリットもあります。デメリットを理解した上で、一人暮らしに利用するか検討しましょう。

  • コストがかかる
  • ゴミが取りきれない

コストがかかる

クイックルワイパーはランニングコストがかかります。掃除機と違い、クイックルワイパーは消耗品だからです。

掃除機とクイックルワイパーの1年間のコストを比較しました。

掃除機とクイックルワイパーの比較
掃除機
初期費用+年間2,000円前後(電気代)
クイックルワイパー
本体代+年間7,300円(1枚20円×365日)

トータルの費用面で考えれば掃除機がおすすめです。しかし、初期費用が高いことに注意しましょう。

リス

初期費用を抑えたいならクイックルワイパーがおすすめです。

ゴミが取りきれない

クイックルワイパーではゴミが取りきれません。クイックルワイパーにも限界があるからですを

髪の毛やペットの毛が落ちる場合、クイックルワイパーだと残ります。大きめのゴミが落ちやすいなら掃除機がおすすめです。

クイックルワイパーの場合は小まめな掃除が必要になります。大きなゴミを溜めないように注意しましょう。

一人暮らしで掃除機がいらない人の特徴

一人暮らしで掃除機がいらない人の特徴

一人暮らしに掃除機が不要な人の特徴は以下の通りです。自分に該当する特徴がないか確認してください。

  • 小まめな人
  • 部屋が狭い人
  • ペットを飼わない人

小まめな人

小まめな人の場合、掃除機はいりません。小まめに掃除できればクイックルワイパーで十分だからです。

以下に該当する場合はクイックルワイパーを使いましょう。

  • 毎日掃除をする
  • 細かいところも気になる
  • 気になったらすぐに掃除する

毎日のように掃除するのであればゴミがほとんど溜まりません。少しの掃除で済みます。

ズボラな人は掃除機が必要です。たまに掃除する程度ではホコリなどのゴミが多くなります。クイックルワイパーでは掃除しきれません。

リス

週に1回程度しか掃除しないなら掃除機がおすすめです。

部屋が狭い人

部屋が狭い人は掃除機が必要ありません。クイックルワイパーで十分に掃除できるからです。

  • 1K・ワンルーム:掃除機がいらない
  • 1LDK以上:掃除機のほうが便利

1LDK以上に住んでいる場合は掃除機が便利です。クイックルワイパーだと範囲が広くて掃除が大変になります。
» 一人暮らしに1LDKは贅沢?広すぎる?

リス

1Kやワンルームに住んでいる場合は掃除機があっても邪魔になるだけです。

ペットを飼わない人

ペットを飼う予定がなければ掃除機がいりません。人間の毛だけであれば、クイックルワイパーで小まめに掃除すれば十分だからです。

ペットを飼う場合には掃除機が必要になります。小まめに掃除しても、毎日新しい毛が大量に落ちるからです。

ハムスターなど、カゴに入れる小型の動物であれば問題ありません。犬や猫を飼う場合は掃除機を購入しましょう。

一人暮らしで掃除機を買うときに押さえるポイント

一人暮らしで掃除機を買うときに押さえるポイント

一人暮らしで掃除機を選ぶポイントを紹介します。一人暮らしで掃除機を購入する場合は、以下4つのポイントを押さえましょう。

  • 安い掃除機を選ぶ
  • スティック型を選ぶ
  • サイクロン型を選ぶ
  • コードレスタイプを選ぶ
一人暮らしにおすすめの掃除機

安い掃除機を選ぶ

一人暮らしはは安い掃除機で十分です。一人暮らしだと1Kやワンルームなど狭い部屋が多く、お金をかける必要がありません

  • 安い掃除機:狭い部屋であれば十分
  • 高い掃除機:狭い部屋だともったいない

特にズボラな人は頻繁に掃除しません。お金をかけるのはもったいないです。数万円するダイソンや、ルンバを買っても費用対効果は低くなります。

リス

一人暮らしではできるだけ安い掃除機を買いましょう。

スティック型を選ぶ

一人暮らしならスティック型の掃除機がおすすめです。一人暮らしの狭い部屋でもスペースを圧迫しないからです。

  • スティック型:スペースの節約
  • キャニスター型:スペースを圧迫
スティック型の掃除機
スティック型
キャニスター型の掃除機
キャニスター型

キャニスター型を買うとかなり場所をとられます。あまり使わない掃除機にスペースをとられるのはもったいないです。

一人暮らしではスティック型の掃除機を買いましょう。

サイクロン型を選ぶ

一人暮らしではサイクロン型の掃除機がおすすめです。サイクロン型はコストがかからず、簡単にゴミを捨てられるからです。

  • サイクロン型:かんたんでコストがかからない
  • 紙パック型:コストがかかって交換がめんどくさい

紙パック型はランニングコストがかかります。替えの紙パックを部屋に置くのも邪魔です。

1Kやワンルームは効率的にスペースを使うのがカギ。無駄なものを置いてはいけません。

» 一人暮らしにおすすめの間取りを比較

コードレスタイプを選ぶ

一人暮らしはコードレスタイプの掃除機がおすすめです。コードレスタイプの掃除機は手軽に掃除を始められます。ズボラな人でも腰が上がりやすいです。

  • コードレスタイプ:掃除を始めやすい
  • 有線タイプ:掃除を始めるのがめんどくさい

有線タイプの掃除機だと、掃除がめんどくさくて数ヶ月放置してしまうこともあります。

ズボラな人でも掃除は定期的に行いましょう。簡単に掃除を始められるコードレスタイプなら気軽に掃除できます。

一人暮らしに掃除機はいらない

一人暮らしに掃除機はいらない

一人暮らしに掃除機は不要です。理由は以下の5つ。

  • 初期費用が高い
  • 近所への配慮が必要
  • 掃除機を出すのが面倒
  • 収納スペースを圧迫する
  • 掃除するスペースが少ない

掃除機を使わなくてもクイックルワイパーで十分です。掃除機よりも手軽に掃除を始められて、部屋をきれいに保てます。

リス

一人暮らしはクイックルワイパーで小まめに掃除しましょう。

一人暮らしには掃除機以外にも必要なものがたくさんあります。「一人暮らしに必要なものリスト」を参考に、一人暮らしの準備を進めてください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次