必要なし!一人暮らしにテーブルはいらない3つの理由【大きすぎたら後悔】

この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしにダイニングテーブルはあったほうがいい?
  • 一人暮らしの部屋が狭い場合でもテーブルは必要?
  • 一人暮らしでテーブルがない場合に不便なことはない?

一人暮らしにテーブルを置こうと思っても、費用やスペースのことを考えると難しい場合があります。何も考えずにテーブルを購入してしまうと、後悔してしまうことがあるので注意が必要です。

この記事では、一人暮らしにテーブルがいらない理由と必要のない人の特徴を解説します。記事を読めば、テーブルを購入するべきか正しく判断できます

一人暮らしにダイニングテーブルは必要ありません。大きいテーブルやガラスのローテーブルも、一人暮らしには不要です。

リス

外食の多い人はテーブルを買わなくても問題なく過ごせます。

目次

一人暮らしにテーブルはいらない3つの理由

一人暮らしにテーブルはいらない3つの理由

一人暮らしでテーブルがいらない理由は3つです。

  • 物置になる
  • スペースを圧迫する
  • 代わりになる場所がある

物置になる

一人暮らしでテーブルがあると物置になります。「とりあえず置いておく」という思考が働き、片つける習慣がなくなるからです。

普段から片つけるタイプの人でも、テーブルを置くだけで気が緩みます。

  • テーブルあり:とりあえず置いておく
  • テーブルなし:置く場所がないからしまう

テーブルを置かないとものが散乱しません。きれいな部屋ができあがります。

リス

部屋をきれいにしたいならテーブルを置くのはやめましょう。

スペースを圧迫する

一人暮らしでテーブルを置くとスペースを圧迫します。テーブルは店舗で見る以上に大きいです。

1Kやワンルームなどの狭い部屋の場合、テーブルを置いただけでスペースがなくなります。部屋に開放感を持たせたいなら、テーブルを置かないのが正解です。

  • テーブルあり:生活スペースの圧迫
  • テーブルなし:生活スペースの確保

貴重な部屋のスペースを守るためにも、本当にテーブルが必要か考えてみてください。

代わりになる場所がある

テーブルがなくても代わりになる場所があれば問題ありません。代用するものがあれば、テーブルが必要ないことがよくわかります

  • 台所
  • 棚の上
  • テレビボードの上

部屋を探してみてください。いくらでも代わりになる場所はあります。

リス

テーブルを使う機会が頻繁になければ代わりのもので十分です。

一人暮らしにテーブルを置かないときの注意点3つ

一人暮らしにテーブルを置かないときの注意点3つ

一人暮らしでは、テーブルがないと困ることもあります。テーブルを置かない場合、以下3つの注意点を知っておきましょう。

  • 食事のときに困る
  • 作業するときに困る
  • 人を招いたときに困る

食事のときに困る

一人暮らしでテーブルがないと食事のときに困ります。「食事はテーブルの上で食べるもの」という考えの人が多いからです。

しかし、テーブルがなくても食事はできます。

  • 外食する
  • 台所で食べる

テーブルで食べるとダラダラと過ごしてしまう人も多いです。貴重な時間を無駄に失います。

外食をしたり台所で立ちながら食べれば、自由な時間が増える可能性も。食事をしている時間と自由な時間のどちらが大切か考えてみましょう。

作業するときに困る

一人暮らしでテーブルがないと作業するときに困ります。テーブルの上で作業するほうがやりやすいからです。

  • 書き物
  • お金の計算
  • パソコン作業

しかし、代わりの場所でも作業できます。書き物やお金の計算は台所や台の上、ノートパソコンなら膝の上でも十分です。

ただし、作業効率が落ちることも考えられます。頻繁に作業する人はテーブルが必要です。

リス

自宅で作業する人の場合はテーブルがいりません。

» 一人暮らしはローテーブルとデスクどっち?

人を招いたときに困る

一人暮らしでテーブルがないと人を招いたときに困ります。人を招く場合、飲み物やお菓子をテーブルに置くことが多いからです。

以下のような状況には違和感があります。

  • 飲み物やお菓子を床に置く
  • 飲み物やお菓子を棚の上に置く
  • 飲み物やお菓子を台所に置く

しかし、一人暮らしで1Kやワンルームなどの狭い部屋に住んでいる場合、人を呼ぶのに適していません。人と会うときは外出して会えばいいだけです。

リス

人を自宅に招かない場合は問題ありません。

一人暮らしで特にいらないテーブルの特徴3つ

一人暮らしで特にいらないテーブルの特徴3つ

特にいらないテーブルの特徴は3つです。一人暮らしでテーブルをどうしても購入する場合は、以下3つの特徴を避けてください。

  • ダイニングテーブル
  • サイズが大きいテーブル
  • ガラスなど傷つきやすいテーブル

ダイニングテーブル

一人暮らしでダイニングテーブルは必要ありません。一人暮らしだとダイニングテーブルを使う機会がなく、しかも大きいからです。

  • 大きくてスペースを圧迫
  • そもそも使う機会が少ない
  • 費用が高い(テーブル&チェア)

ダイニングテーブルはローテーブルと違ってやや金額が高いです。椅子まで揃えないといけません。

リス

費用的な面や利便性から見てもダイニングテーブルはやめましょう。

サイズが大きいテーブル

一人暮らしでサイズの大きいテーブルはいりません。一人暮らしの部屋ではスペースの確保が重要だからです。

もし購入する場合、下記のポイントを押さえましょう。

  • コンパクト
  • シンプルなデザイン
  • 見た目に圧迫感がない

テーブルは店舗で見てコンパクトに見えても、自宅に持ってくると意外と大きいです。一人暮らしではサイズの大きいテーブルを買って後悔しないように注意してください。

ガラスなど傷つきやすいテーブル

一人暮らしではガラスなどの傷つきやすい素材のテーブルはおすすめできません。ガラスのテーブルは重いだけでなく、部屋に置いてあると気を使います

  • 持ち運びに不便
  • ものを置くのに気を使う
  • 最悪の場合に割れることもある

ガラスのテーブルはコップを置くだけでも気を使います。せっかくの自分時間でもストレスが溜まり、リラックスできません。

リス

購入する場合は、木製のテーブルを選ぶのがおすすめです。

一人暮らしでテーブルがいらない人の特徴3つ

一人暮らしでテーブルがいらない人の特徴3つ

一人暮らしでテーブルが必要かはライフスタイルによります。以下3つの特徴に当てはまる場合、テーブルを置く必要はありません。

  • 外食の多い人
  • 自宅で作業をしない人
  • ダラダラと過ごしてしまう人

外食の多い人

一人暮らしで外食の多い人はテーブルを置かなくても支障ありません。自宅でテーブルを使う機会がないからです。

下記のような生活パターンになることが多く、テーブルが登場する場面がありません。

  1. 外食して帰宅
  2. お風呂に入る
  3. ソファーやベッドでリラックス

使わないことにお金を使うのはもったいないです。外食が多い場合、テーブルの購入は控えましょう。

自宅で作業をしない人

自宅で作業しない人はテーブルが必要ありません。テレワークなどで仕事の生産性を上げる必要がある場合以外、テーブルを使う機会がないからです。

下記に該当する場合はテーブルが必要です。違う場合は必要ありません。

  • テレワークの人
  • 副業をやっている人

必要のないものにお金とスペースを使うのは無駄です。自宅で作業しない場合、テーブルの購入は控えましょう。
» 一人暮らしはローテーブルとデスクどっち?

ダラダラと過ごしてしまう人

自宅でダラダラと過ごしてしまう人は、テーブルを置かないほうがおすすめです。テーブルがあると、無駄な時間を過ごしてしまいます

  • 食事を食べた後もなかなか動けない
  • ついついものを置くので整理整頓ができない

食事を外食なり台所なりで食べれば時間の節約になります。整理整頓がされていればものを探す時間はありません。ダラダラしてしまう人はテーブルをなくせば自由な時間を確保できます

リス

自分に厳しい性格の人であればテーブルがあっても問題ありません。

一人暮らしにテーブルはいらない

一人暮らしにテーブルはいらない

基本的に一人暮らしでテーブルは必要ありません。理由は以下の3つです。

  • 物置になる
  • スペースを圧迫する
  • 代わりになる場所がある

どうしてもテーブルを置く場合は、木製のコンパクトなテーブルにしましょう。大きすぎるテーブルはスペースを圧迫して部屋が窮屈になります。

リス

ガラスのテーブルもストレスが溜まるのでおすすめしません。

一人暮らしではテーブル以外に必要なものがたくさんあります。「一人暮らしに必要なものリスト」を参考に、充実した一人暮らしの準備を進めてください。

目次
閉じる