一人暮らしはお風呂に入らないほうがいい5つの理由【シャワーで節約】

この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしで湯船まで浸かる意味はある?
  • 一人暮らしだとシャワーのみでも問題ない?
  • できるだけ一人暮らしの光熱費を節約したい!

一人暮らしでは自分しかお風呂に入る人がいません。湯船に浸かるのは非効率的に感じます。しかし、シャワーのみだと水道代や光熱費が心配ですよね。

この記事では、一人暮らしはお風呂に入らないほうがいい理由を解説します。記事を読めば、一人暮らしで効率的なお風呂の入り方がわかります。

一人暮らしではお風呂に入るよりもシャワーのみのほうががおすすめです。節約できるだけでなく、時間の節約に繋がります。

リス

一人暮らしはシャワーのみのほうがメリットが多いです。

目次

一人暮らしではお風呂に入らないほうがいい5つの理由

一人暮らしではお風呂に入らないほうがいい5つの理由

一人暮らしではお風呂に入らないほうがいい理由は次の5つです。

  • 時間を節約できる
  • お金を節約できる
  • 掃除がめんどくさい
  • リラックスできない
  • むなしい気持ちになる

時間を節約できる

お風呂に入るのをやめると、時間を節約できます。お風呂は30分〜1時間ほどの時間が必要です。

お風呂に入る手順
  1. 湯船にお湯をためる
  2. ゆっくり浸かる
  3. 湯船を出て身体を洗う
  4. もう一度、湯船に浸かる
  5. お湯を抜く
  6. 湯船を洗う
  7. 身体を拭いて髪を乾かす

シャワーのみにするとお風呂に入るよりも時間が短くなり、自由時間を確保できます。

シャワーのみの手順
  1. 身体を洗う
  2. 軽く流す
  3. 身体を拭いて髪を乾かす

「お風呂を1時間」「シャワーを15分」として、シャワーだけにした場合は以下のようになります。

  • 1日:45分の節約
  • 1ヶ月:22.5時間の節約
  • 1年:約274時間の節約

お風呂を辞めるだけで、1ヶ月あたり丸1日近くも自由時間を確保できます。

毎日忙しく働きながら一人暮らしをしていると時間は貴重です。時間を効率的に使うためにも、一人暮らしでお風呂に入るのはやめましょう。

お金を節約できる

お風呂をやめると、お金を節約できます。

  • ガス代を節約
  • 水道代を節約

一人暮らしで「お風呂に入った場合」と「シャワーで済ます場合」の1回のガス代・水道代の比較は以下の通りです。

  • お風呂:116円
  • シャワー(15分):87円
  • シャワー(20分):116円
  • シャワー(25分):144円

(参考:エネチェンジ)

シャワーを15分で済ませば、お風呂よりも1日29円も節約できます。長期的に考えれば馬鹿になりません。

  • 1ヶ月:870円の節約
  • 1年:10,585円の節約

シャワーの時間が20分を超えるとお風呂よりも光熱費がかかります。節約したいなら20分以内で済ませましょう。

掃除がめんどくさい

一人暮らしではお風呂に入らないほうがいい5つの理由

一人暮らしでお風呂に入ると湯船の掃除がめんどくさいです。湯船に浸かると身体の汚れが溜まります。衛生的とは言えない状況にり、掃除が必要です。

  • 腰の上げ下げ
  • 力を入れてこする
  • 時間がかかる

仕事で疲れているのに自宅でも労働はしたくないはず。お風呂をやめてシャワーにすれば軽く流すだけで済み、労力はかかりません。

リス

シャワーだけでも定期的に掃除しないとカビが生えるので注意しましょう。

» 一人暮らしのお風呂掃除の頻度とコツ

リラックスできない

一人暮らしでお風呂に入るとリラックスできません。一人暮らしのお風呂は狭いからです。

お風呂の大きい家に住んでいない限り、ストレスを感じてしまいます。ユニットバスだと以下の通りです。

  • 足を伸ばすことができない
  • 湯船の外で身体を洗えない
  • シャワーカーテンが光をさえぎって暗い

リラックスしたいはずのお風呂。ストレスを感じるのは良くありません。シャワーをサッと入ってできた時間でリラックスしたほうが効率的です。

むなしい気持ちになる

一人暮らしでお風呂に入るとむなしい気持ちになります。ただ湯船に入るという目的のために、多くの時間と労力を使うからです。

他にもお風呂に入る人がいれば、湯船にお湯を入れたり掃除したりすることもやりがいはあります。

  • 一人暮らし:自分だけ
  • 家族で住む:みんなが入る

一人暮らしだとお風呂に入った後に「ただこれだけのためにお湯を入れたのか…」とむなしい気持ちになります。一人暮らしでむなしい気持ちになるくらいなら、お風呂ではなくシャワーでサッと済ませて自由時間を楽しみましょう。

一人暮らしでお風呂(湯船)に入る人の割合は約6割

一人暮らしでお風呂(湯船)に入る人の割合は約6割

「いえらぶコラム」が行った「【一人暮らしの人限定!】シャワーだけでなくお風呂にも定期的に入りますか?」というアンケートの結果が以下です。

お風呂にも定期的に入りますか?
はい:57%
いいえ:43

(参考:いえらぶコラム

リス

一人暮らしをしている人の6割ほどがお風呂にも入ると答えています。

一人暮らしの人でも定期的にお風呂に入る理由は以下の通りです。

  • 身体が冷える
  • シャワーのみだと疲れが取れない

身体が冷える

シャワーだけだと身体が冷えてしまいます。特に冬は寒いからです。

女性には冷え性を抱えている人もたくさんいます。お風呂に入って身体を温めたい人も多いです。

身体を冷やすと下記の症状が出てくる可能性もあります。身体を温めることは大切です。

  • 血行不良
  • 肩こり・腰痛
  • 免疫力低下
  • 肌荒れ

寒い外から帰ってきてシャワーだけだと身体が冷えたままでリラックスできません。

リス

夏場はシャワーのみでも問題ありません。

シャワーのみだと疲れが取れない

シャワーのみだと疲れが完全に取れません。お風呂に入らないと、身体を温められないからです。

お風呂に入ると下記3つの作用により、身体と脳をリラックス状態にして疲れを取れます

  • 温熱作用
  • 浮力作用
  • 静水圧作用

(参考:キナリノ

毎日仕事で疲労している人は、お風呂に入って疲れを取りたいという気持ちがあるのです。

一人暮らしでもお風呂を楽しむ方法

一人暮らしでもお風呂を楽しむ方法

一人暮らしでもお風呂に入りたい人のために、お風呂を楽しむ方法を紹介します。

  • 本を読む
  • 音楽を聴く
  • スマホを使う
  • テレビを見る

本を読む

お風呂で本を読んで有意義な時間を過ごしましょう。「防水のブックケース」を使えば、お風呂でも本を読めます。

リス

お風呂の時間にも勉強や小説を読めば効率的に時間を使えます。

スマホを利用して電子書籍を読むのもおすすめ。Kindle Unlimitedなら月額980円(税込)で電子書籍が読み放題です。

\30日以内の解約で0円/

音楽を聴く

音楽を聴いてリラックスするのもおすすめです。防水のポータブルプレーヤーを使えば、お風呂でも音楽を聴けます。

定額聴き放題サービスを利用すれば好きな音楽を聴き放題です。Amazonプライム会員になれば、他のサービスと合わせて「Amazon music」も利用できます。

\30日以内の解約で0円/

スマホを使う

お風呂でスマホを使って楽しみましょう。スマホを使えばSNSやYouTubeなどの動画も楽しめます

そのままスマホを使うと水に濡れて壊れる可能性があります。「スマホ用防水ケース」を使用してください。

リス

お風呂でもスマホを使って楽しく過ごしましょう。

テレビを見る

お風呂でテレビを見るのも楽しむ方法です。防水で持ち運べる液晶テレビを使用すれば、お風呂でもテレビを見れます。

お風呂だけでなく、他の部屋に持ち運んでテレビを見れます。

一人暮らしはお風呂ではなくシャワーのみがおすすめ

一人暮らしはお風呂ではなくシャワーのみがおすすめ

一人暮らしはシャワーのみがおすすめです。一人暮らしでお風呂に入らないほうがいい理由は5つあります。

  • 時間を節約できる
  • お金を節約できる
  • 掃除がめんどくさい
  • リラックスできない
  • むなしい気持ちになる

時間とお金を節約したいならシャワーのみで過ごしましょう。効率的に生活でき、一人暮らしが充実します。

リス

一人暮らしはシャワーのみで十分です。

一人暮らしの準備を進めている人は、快適に過ごせるお風呂グッズを揃えましょう。「一人暮らしに必要なものリスト」を参考に準備を進めてみてください。

目次
閉じる