一人暮らしのお風呂掃除の頻度!楽にする5つのコツ【シャワーのみでも週一は必要】

一人暮らしのお風呂掃除の頻度!楽にする5つのコツ【シャワーのみでも週一は必要】
この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしでもお風呂を毎日洗う必要はある?
  • シャワーのみの場合ならお風呂掃除しなくてもいい?
  • できるだけお風呂掃除の手間を減らしたい!

初めての一人暮らしだと、どのくらいの頻度でお風呂掃除をするべきかわからない人は多いです。適切な頻度でお風呂掃除をしないと、カビが生えてより多くの労力を必要とすることに…

この記事では、一人暮らしでお風呂掃除を楽にする最適な頻度を解説します。。記事を読めば、お風呂掃除の労力を最小限に抑えられます

シャワーのみでも週に一回はお風呂全体を掃除しましょう。毎日お風呂へ入るついでに掃除すれば、週に一回の全体掃除も楽になります。

リス

換気扇など細かい部分は月に一回でOKです。

目次

一人暮らしのお風呂掃除の頻度

一人暮らしのお風呂掃除の頻度

一人暮らしで最適なお風呂掃除の頻度は以下の通りです。以下の頻度でお風呂掃除すれば、労力を最小限に抑えられます

  • 毎日のついで掃除
  • 週一の全体掃除
  • 月一の換気扇掃除

毎日のついで掃除

一人暮らしでシャワーのみでも、毎日お風呂へ入るついでに掃除しましょう。毎日のついで掃除を実施すれば、お風呂掃除の労力を減らせます。

ついで掃除ではスポンジや洗剤を使う必要はありません。身体を洗い終えたら、以下の手順でお風呂掃除を進めてください。

  1. お風呂全体を45度以上のお湯で流す
  2. お風呂全体を冷水で流す
  3. 換気する

熱いお湯でお風呂全体を流して冷水をかけると、湿気を抑えられます。さらに換気すれば湿気がなくなり、カビが発生しません

リス

お風呂の天井までしっかり流しましょう。

週一の全体掃除

一人暮らしでシャワーのみでも、週に一回はお風呂全体の掃除が必要です。毎日のついで掃除では、すべての汚れを取りきれません。以下の汚れが少なからず残っています。

  • 水垢
  • 皮脂汚れ
  • 石鹸カス

スポンジと浴室洗剤で細かい部分まで掃除しましょう。「休日にお風呂掃除する」とタイミングを決めておけば定期的に実行できます。

さまざまなサイトでは重曹やクエン酸スプレーを使う掃除方法も紹介されています。しかし、毎日のついで掃除を実践していれば浴室洗剤だけで十分です。

排水口も忘れずに掃除してください。排水口に髪の毛が溜まるとヌメヌメの原因になります。

月一の換気扇掃除

月に一回は換気扇を掃除しましょう。換気扇が汚れると機能が低下。湿気が高くなり、カビ発生の原因になります。

お風呂の換気扇掃除は以下の手順で行ってください。

  1. 換気扇フィルターを外す
  2. 浴室洗剤とブラシで汚れをとる
  3. 換気扇フィルターを乾かす
  4. 換気扇内部が汚れていたら拭く
  5. 換気扇フィルターを戻す
リス

「月初めに換気扇掃除する」と、タイミングを決めれば忘れずに掃除できます。

湯船を溜めるなら毎日掃除

一人暮らしでも、湯船を溜める場合は毎日掃除しましょう。皮脂汚れが浴槽内に付着します。お風呂掃除の手間を考えるなら、湯船ではなくシャワーのみで済ませるのがおすすめです。
» 一人暮らしは風呂に入らないほうがいい

一人暮らしのお風呂掃除を楽にする5つのコツ

一人暮らしのお風呂掃除を楽にする5つのコツ

お風呂掃除を楽にするコツは5つあります。労力を減らすためにもぜひ実践しましょう。

  • 24時間換気をする
  • 排水口ネットを使う
  • タオルで水気を拭き取る
  • お風呂にものを置かない
  • ものを隣接させて置かない

24時間換気をする

お風呂は24時間換気をオンにしましょう。浴室の湿気を取り除き、カビや水垢の発生を抑えられます

カビや水垢が発生すると掃除が大変です。普段から湿気を取り除くことで、定期的なお風呂掃除が楽になります。

お風呂掃除は窓を開けて換気。掃除以外のときにも24時間換気することでお風呂をきれいに保てます。

排水口ネットを使う

お風呂の排水口には「排水口ネット」を使いましょう。排水口ネットを使えば、髪の毛の除去が簡単です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

排水口には髪の毛が溜まります。髪の毛が複雑に排水口へ絡むと取り除きにくいです。

リス

週一回、排水口ネットごと捨てて排水口の汚れを浴室洗剤とブラシで掃除しましょう。

タオルで水気を拭き取る

一人暮らしのお風呂掃除を楽にする5つのコツ

毎日のついで掃除の後、タオルで水気を拭き取るときれいな状態を保てます。タオルで水気を拭き取れば、水垢の発生を防げるからです。

お風呂の後、タオルで身体を拭いたらお風呂もついでに拭きましょう。身体のついでに拭けば、手間も増えません。

水垢はカビ発生の原因です。タオルで水気を拭けば、カビの抑制にも繋がります。

お風呂にものを置かない

お風呂にはなるべくものを置かないようにしましょう。ものが多いほど掃除が大変です。お風呂掃除の際にものを移動させる手間が増えます。

以下のお風呂グッズは一人暮らしに必要ありません。

  • 洗面器
  • バスチェア
リス

お風呂のアメニティはなるべく減らして掃除を楽にしましょう。

ものを隣接させて置かない

お風呂のものを隣接して置くのはやめましょう。隣接している部分に汚れが溜まりやすくなります

以下のアメニティは床に置くのではなく、引っ掛けておくのがおすすめです。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • お風呂の掃除道具

引っ掛ける場所がない場合は、バスラックを利用するなど工夫してみてください。お風呂のスペースを節約できて便利です。

一人暮らしのお風呂掃除の頻度【理想は毎日】

一人暮らしのお風呂掃除の頻度【理想は毎日】

一人暮らしでお風呂を掃除する頻度の理想は毎日です。しかし、以下の頻度でお風呂掃除してもきれいに保てます。

  • 毎日のついで掃除
  • 週一の全体掃除
  • 月一の換気扇掃除

お風呂掃除をサボるとカビや水垢が発生して、より多くの労力を使います。小まめにお風呂掃除を行って、自分の時間を確保しましょう。

リス

シャワーのみでも週に一回の全体掃除は必要です。

お風呂掃除がどうしても面倒なら、家事代行サービスの利用をおすすめします。家事代行サービスを利用すれば、掃除だけでなくあらゆる家事の手間を減らせるからです。
» 一人暮らしで家事ができない時の対処法

「CaSy」は業界最安値水準を誇る家事代行サービスです。インターネットで簡単に家事代行サービスの予約ができます。

お得な「初回限定 お試しプラン」もあるので、お風呂掃除の手間を減らしたい人は利用してみましょう。

\会員登録無料!/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次