一人暮らしに1LDKは贅沢?広すぎる間取りのデメリット3選【お金があれば快適】

この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしに1LDKは贅沢?
  • 一人暮らしに1LDKは広すぎる?
  • 一人暮らしの部屋選びに失敗したくない!

1LDKはワンルームや1Kに比べて家賃が高いです。快適に過ごせるものの、毎月のコストが気になるところ。何も考えずに1LDKを選ぶと後悔しかねません。

この記事では、一人暮らしに1LDKが贅沢か解説します。記事を読めば、あなたが1LDKに住むべきかわかります

お金に余裕があれば、一人暮らしに1LDKはおすすめです。1LDKはスペースに余裕があり、快適に過ごせます。

リス

月収の1/4で1LDKの家賃を払える人におすすめです。

目次

一人暮らしに1LDKは贅沢?

一人暮らしに1LDKは贅沢?

一人暮らしで1LDKは贅沢なのか、実際に住んでいる割合などと共に解説します。

一人暮らしに1LDKは広すぎる

一人暮らしに1LDKは広いです。1LDKの間取りは以下の画像の通り、かなり余裕があります

1LDKの間取り
1LDKの間取り

1Kやワンルームと違い、スペースに余裕があって開放感を感じます。住むだけなら1LDKより狭くても十分です。

リス

一人暮らしで1LDKに住むのはやや贅沢です。

一人暮らしで1LDKに住んでいる割合は6.3%

一人暮らしでは1LDKに住んでいる人も多いです。スーモが調査した結果によると下記の通り、全体の6.8%が1LDKに住んでいます

1LDKに住む人の割合
ワンルーム
17.3%
1K
52.3%
1DK
11.2%
1LDK
6.3%
2K・2DK
9.0%
2LDK以上
2.9%

(参考:SUUMO)

一人暮らしの7割近くが1Kかワンルームに住んでいることがデータからわかります。1LDKに住むのは少し贅沢です。

しかし、1LDKにはメリットがたくさんあります。生活スタイルや収入によって間取りを考えましょう。
» 一人暮らしで1LDKに住むメリット

初めての一人暮らしに1LDKは贅沢すぎる

初めての一人暮らしには、1Kかワンルームをおすすめします。初めての一人暮らしだと荷物が少なく、1LDKだと広すぎるからです。

下記の通り、1LDKは2人で住めるほど広々としています。

1Kの間取り
1LDKの間取り
リス

初めての一人暮らしには、1Kかワンルームが最適です。

» 一人暮らしの間取りで6畳の1Kは狭い?

一人暮らしで1LDK|広すぎる間取りのデメリット3選

一人暮らしで1LDK|広すぎる間取りのデメリット3選

一人暮らしで1LDKに住む場合はデメリットがあります。後悔しないためにも、以下の3つを押さえておきましょう。

  • 家賃が高い
  • 光熱費が高い
  • 掃除が大変

家賃が高い

1LDKは1Kやワンルームと比べて家賃が高いです。毎月の金銭的負担が増えます

東京23区の間取り別家賃相場は以下の通りです。

間取り家賃
ワンルーム5.3万〜12.9万円
1K6.3万〜12.0万円
1DK6.7万〜15.0万円
1LDK9.1万〜22.4万円
2K・2DK6.9万〜19.8万円
2LDK以上9.8万〜31.0万円
(参考:CHINTAI)

家賃は毎月のランニングコストです。資金には少し余裕を持たせておくことをおすすめします。

リス

お金に余裕がない人に1LDKはおすすめしません。

光熱費が高い

一人暮らしでも、1LDKに住むと光熱費が高いです。1Kやワンルームと比べて広く、エアコンや照明代などの電気代が高くなります

  • 照明代
  • エアコン代
  • 電気ストーブなど

家賃とあわせて光熱費も考えないと、毎月の予算がパンクします。光熱費は入居前にはわからないので軽視しがち。毎月の固定費に近いので注意しましょう。

掃除が大変

一人暮らしで1LDKに住むと掃除が大変です。1LDKはスペースが広く、掃除する場所がたくさんあります

1LDKに住む場合の対処法は以下の通りです。

  • 掃除の頻度を減らす
  • ラグやマットを置かない
  • 家事代行サービスを利用

ラグやマットを置かないと掃除の手間を減らせます。一人暮らしに敷物はないほうがおすすめです。
» 必要なし!一人暮らしでラグがいらない理由
» 一人暮らしで家事ができないときの対処法

リス

広すぎる間取りに住むデメリットも理解しておきましょう。

一人暮らしで1LDKに住む5つのメリット

一人暮らしで1LDKに住む5つのメリット

一人暮らしで1LDKに住むメリットはたくさんあります。デメリットがメリットを超えるなら1LDKがおすすめです。

  • 開放感がある
  • 人を呼びやすい
  • スペースに余裕がある
  • 生活にメリハリがつく
  • 同棲・結婚に対応できる

開放感がある

一人暮らしで1LDKに住むと開放感があります。圧迫感がなく快適に過ごせます

  • 1K・ワンルーム:圧迫感あり
  • 1LDK以上:圧迫感なし

狭い部屋より広い部屋のほうが圧迫感はありません。一人暮らしでも広くて開放感のある部屋に住みたい人に1LDKは良い選択です。

人を呼びやすい

友人や家族を部屋に招きたいとき、1LDKだと呼びやすいです。1LDKなら複数人が自宅に来てもスペースに余裕があります

1Kやワンルームは狭くて多人数が部屋に入れません。

  • 1K・ワンルーム:人を呼びにくい
  • 1LDK:人を呼んでも余裕がある

頻繁に人を招く予定があるなら1LDKがおすすめです。特に人を招く予定がないなら、1Kやワンルームで問題ありません。
» ワンルームのメリット・デメリット

スペースに余裕がある

一人暮らしで1LDKに住む5つのメリット

一人暮らしで1LDKに住むとスペースに余裕が生まれます。スペースに余裕が生まれると開放感だけでなく、収納スペースに困りません

  • 1K・ワンルーム:収納に限りあり
  • 1LDK:収納に余裕あり

収納スペースに余裕があると無駄なものを置いてしまうので注意が必要です。一人暮らしに必要なものを厳選して無駄にスペースを使わないようにしましょう。
» 一人暮らしに必要なものリスト

リス

荷物の多い人や増えそうな人は1LDKを選んで収納スペースに余裕を持たせてください。

生活にメリハリがつく

一人暮らしで1LDKの部屋に住むと生活にメリハリがつきます。生活パターンごとに空間を分けられるからです。

下記を部屋ごとに決めれば、生活にメリハリがついて充実した時間を過ごせます。

  • 寝室
  • 仕事部屋
  • リラックス部屋

特に自宅で仕事や副業をする人は、仕事部屋があると気が引き締まって生産性が向上します。メリハリのある毎日を過ごしたい人は1LDKがおすすめです。

同棲・結婚に対応できる

一人暮らしで1LDKに住んでおけば同棲や結婚に対応できます。1LDKは2人でも住める広さだからです。

  • 1K・ワンルーム:1人まで
  • 1LDK:2人まで
  • 2LDK:2人でも余裕
リス

同棲や結婚の予定がある人は1LDK以上を選びましょう。

1LDKで結婚生活を送るとやや狭く感じます。結婚する場合は1LDKよりも2LDK以上がおすすめです。
» 一人暮らしに2LDKは贅沢?

一人暮らしで1LDKに住む方法

一人暮らしで1LDKに住む方法

1LDKで一人暮らしを始めるには、以下3つのステップを踏むだけです。

  1. 資金があるか確認
  2. 1LDKの物件を探す
  3. 入居の手続きをする

SETP 1:資金があるか確認

1LDKで一人暮らしを始めたいならまず資金を確認しましょう。1LDKに住むにはある程度の資金力が必要です。

一人暮らしに必要な費用の例
  • 家賃・光熱費
  • 家具・家電など
  • 敷金など手数料

家賃や光熱費の他にも、生活で必要なものや不動産屋に支払う仲介手数料などがあります。1LDKに住む資金がないなら1Kやワンルームに住むしかありません。

資金が少なくても1LDKに住みたい場合

1LDKに住むチャンスは今後もあります。まずは1Kかワンルームに住んでステップアップしましょう。

SETP 2:1LDKの物件を探す

一人暮らしで1LDKに住めるお金があれば物件を探しましょう。不動産屋に行かなくてもネットでほとんどの物件を見れます

お部屋探しには下記のサイトがおすすめです。

サイトietty(イエッティ)
ietty(イエッティ)
イエプラ
イエプラ
キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸
ビレッジハウス
ビレッジハウス
部屋まる。
部屋まる。
対応地域東京23区
川崎市
横浜市
東京・神奈川
埼玉・千葉
大阪・京都・兵庫
全国全国東京
物件数250万件以上500万件以上600万件以上1,000件以上都内格安物件最大級
特徴チャット接客型契約までネットで完結最大10万円の祝い金初期費用が安い家賃6万円以下専門
詳細情報へ ▶︎詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめのお部屋探しサイト
リス

自分の住みたいエリアやこだわり条件と共に1LDKに絞って検索しましょう。

SETP 3:入居の手続きをする

お気に入りの物件が見つかったら内見して手続きを開始しましょう。手続きは仲介業者によって違いますが、スマホで完結できる場合もあります。

入居前に支払う費用は下記の通りです。

  • 敷金・礼金
  • 仲介手数料
  • 各種保険など
  • 数ヶ月分の家賃前払い

入居の手続きが済めば1LDKで快適な一人暮らしがスタートします。

お金があれば一人暮らしに1LDKは快適すぎる

お金があれば一人暮らしに1LDKは快適すぎる

 一人暮らしで1LDKに住むのはやや贅沢です。しかし、お金に余裕があれば快適な生活が手に入ります。

  • 開放感がある
  • 人を呼びやすい
  • スペースに余裕がある
  • 生活にメリハリがつく
  • 同棲・結婚でも対応可能
リス

ぜひ最適な間取りを選択し、快適な一人暮らしを始めてください。

目次
閉じる