一人暮らしに6畳の1Kは狭い!7畳以上がおすすめ【間取りを広く見せるコツ】

この記事で解決できる悩み
  • 一人暮らしの部屋に1Kを検討しているけど狭い気がする…
  • 一人暮らしで1Kに住むと何か困ることはある?
  • 満足できる間取りで快適な一人暮らしを始めたい!

初めての一人暮らしだと、1Kが快適に暮らせる間取りなのかわかりません。6畳の1Kで快適に生活できるのか不安になる人は多いです。

この記事では、一人暮らしに1Kは狭いのか解説します。記事を読めば、一人暮らしで1Kの部屋に住むべきか正しく判断できます。

一人暮らしで6畳の1Kはやや狭いです。予算に余裕があるなら7畳以上の1Kを選びましょう。

リス

初めての一人暮らしに1Kはおすすめです。

目次

一人暮らしに6畳の1Kは狭い?

一人暮らしに6畳の1Kは狭い?

一人暮らしに6畳の1Kは狭いのか解説します。

一人暮らしに6畳の1Kはやや狭い

一人暮らしで6畳の1Kはやや狭いです。家具・家電を設置すると生活空間が想像以上に圧迫されます。

6畳の1Kに住む場合は家具・家電を厳選しましょう。無駄にものをおくと余計に狭く感じます。
» 一人暮らしに必要なものリスト

ワンルームより1Kのほうが広い

11Kが狭いといってもワンルームよりは広いです。予算の関係でワンルームか1Kか選ぶ状況なら、1Kのほうが快適に暮らせます。

ワンルームはキッチンや玄関と部屋の間に仕切りがありません。以下のデメリットが発生します。

  • エアコンの効きが悪い
  • リビングが来客に見える
  • 料理の臭いが部屋に充満する
リス

一人暮らしではワンルームより1Kを選ぶのがおすすめです。

» ワンルームのメリット・デメリット

1Kの一人暮らしは7畳以上がおすすめ

一人暮らしで1Kに住むなら7畳以上の物件を探しましょう。7畳以上なら1Kでも狭いとは感じません

特にベッドやソファを置こうと思っているなら6畳では狭いです。6畳以下の物件に住むならベッドやソファのような大型家具は諦めてください

一人暮らしで1Kに住むメリット

一人暮らしで1Kに住むメリット

一人暮らしで1Kに住むメリットが以下の5つです。

  • 掃除が簡単
  • 家賃・光熱費が安い
  • 室温を調整しやすい
  • 無駄な買い物をしない
  • すぐ必要なものに手に届く

掃除が簡単

一人暮らしで1Kに住むと掃除が簡単です。1LDKや2LDKと違って掃除するスペースが少なくなります

1Kの間取り
1LDKの間取り

一人暮らしだと仕事や家事が忙しいです。少しでも手間を減らせば時間の節約に繋がります

スペースが狭ければ掃除機を買う必要もありません。お金の節約にも繋がります。
» 一人暮らしに掃除機がいらない理由

家賃・光熱費が安い

一人暮らしで1Kに住むと光熱費を安くなります。電気を使う範囲が狭く、電気代を使わなくて済むからです。

筆者が1Kに住んでいたころの実例を紹介します。

  • 電気代:約4,000円/月
  • ガス代:約2,000円/月
  • 水道代:約1,000円/月

電気代を気にせずにエアコンを使っても上記の通りです。お風呂をシャワーで済ませれば、さらに光熱費は浮きます。
» 一人暮らしはお風呂に入らないのがいい理由

家計調査 2020年」のよると、一人暮らしの水道光熱費は月平均11,686円でした。収入に余裕がないなら水道光熱費が安い1Kがおすすめです。

室温を調整しやすい

一人暮らしで1Kに住むメリット

一人暮らしで1Kに住むと室温を調整しやすくなります。1LDKや2LDKと比べて部屋が狭く、エアコンの効きが良いからです。

  • 狭い間取り:エアコンが効きやすい
  • 広い間取り:エアコンが効きにくい

寒い冬や暑い夏の場合でも、すぐ適温になり快適です。部屋が広いほど適温になるまで時間がかかります。広い間取りだと不快な時間が続くのです。

リス

室温を適温で快適に過ごしたい人は1Kがおすすめです。

無駄な買い物をしない

一人暮らしで1Kに住むと無駄な買い物をしなくなります。1Kはものを置くスペースに限りがあるからです。

以下のようにお金を無駄に使うことがなくなり、節約に繋がります。

狭い間取り
「置けないから買うのをやめておこう」
広い間取り
「とりあえず置いておけばいいから買っておこう」

1LDKや2LDでも無駄なものを増やしていけばスペースが狭くなります。1Kと同じになってしまうこともあるのです。

リス

お金を無駄に使いたくない人は1Kに住めば節約しやすくなります。

すぐ必要なものに手に届く

一人暮らしで1Kに住むと必要なものをすぐに取り出せます。部屋が狭い分、ものが近くにあるからです。

  • 狭い間取り:必要なものにすぐ手が届く
  • 広い間取り:必要なものを取るのに少し動く

毎日のルーティンになると積み重なって大きな負担になります。時間や労力の節約になるので、一人暮らしで1Kに住むのはおすすめです。

一人暮らしで1Kに住むデメリット

一人暮らしで1Kに住むデメリット

一人暮らしで1Kに住むのはデメリットもあります。デメリットを理解した上で、1Kに住むべきか検討しましょう。

  • 大人数を招待できない
  • レイアウトに限界がある
  • 収納スペースに限界がある

大人数を招待できない

一人暮らしで1Kに住むと大人数を招待できません。行動できるスペースが狭く、招待してもリラックスできないからです。

  • 1K・ワンルーム:1人まで
  • 1LDK:2、3人まで
  • 2LDK:4、5人まで

しかし、人と会うときは外で会えばOK。特に問題にはなりません。

人を招待することが多くなりそうな人は少し広い部屋のほうがおすすめです。1LDKにすれば2、3人は呼んでも余裕があります。
» 一人暮らしに1LDKは贅沢?広すぎる?

レイアウトに限界がある

一人暮らしで1Kに住むとレイアウトに限界があります。必要なものを設置した段階で、部屋のスペースが埋まるからです。

間取りスペース
1R狭い
1K狭い
1DK普通
1LDK広い
2Kやや狭い
2DKやや広い
2LDK広い

レイアウトにこだわりたいなら1Kはおすすめできません。自由なレイアウトを求めるなら1LDK以上を選びましょう。

収納スペースに限界がある

一人暮らしで1Kに住むと荷物が増えてきたときに困ります。無駄なものを買わなくても、生きている限りものは増えていくからです。

荷物が増えてきたら間取りをステップアップするのがおすすめです。

  1. 1K・ワンルーム:初めての一人暮らし
  2. 1LDK:お金に余裕がある
  3. 2LDK:お金にかなり余裕がある

荷物が多い人は2LDKに住むとスペースに余裕ができます。しかし、家賃が高いので注意しましょう。
» 一人暮らしで2LDKは贅沢?広い?

1Kの一人暮らしで間取りを広く見せるコツ

1Kの一人暮らしで間取りを広く見せるコツ

1Kで一人暮らしをしてもコツを押さえれば広く見せられます。1Kに住む人は以下のコツを実践してみてください。

  • 必要なものを厳選する
  • レイアウトを工夫する
  • 収納の多い物件を選ぶ
  • ロフト付きの部屋に住む

必要なものを厳選する

1Kの間取りを広く見せたいなら無駄なものを置かないようにしましょう。必要なものを厳選すると部屋にスペースが生まれて広く感じます

当たり前に必要とされているものでも、実際には必要ないものが多いです。以下のものはなくても生活できます。

リス

一人暮らしで1Kに住むなら必要なものを厳選しましょう。

レイアウトを工夫する

一人暮らしで1Kに住む場合はレイアウトを工夫してみてください。同じ家具・家電でも設置方法で印象が変わります

広く見せるテクニックは以下の通りです。

  • 明るく淡い色を取り入れる
  • コーナーをうまく活用する
  • 背の高いインテリアは置かない

ただし、1Kのレイアウトには限界があります。狭いと感じても、ある程度の妥協は必要です。

収納の多い物件を選ぶ

1Kでは収納の多い物件を選びましょう。収納が多いと生活空間を広く使えます

7畳以上の間取りでも、収納が少ない物件はおすすめできません。部屋にものを置く必要があり、生活空間を圧迫するからです。

収納は物件の間取りや内見で確認してください。収納の多い物件なら6畳の1Kでも快適に過ごせます。

ロフト付きの部屋に住む

1Kでもロフト付きの部屋なら広く感じます。ロフトは部屋としても使えるからです。

ロフトを以下のような使い方にすれば、部屋のスペースを広く使えます。

  • 寝室
  • 物置スペース

ロフトをうまく活用すれば部屋にものを置く必要がありません。生活スペースに余裕が出て快適に過ごせます。

リス

一人暮らしで1Kに住む場合は、ロフト付きの物件も検討してみてください。

初めての一人暮らしは1Kがおすすめ

初めての一人暮らしは1Kがおすすめ

一人暮らしに6畳の1Kはやや狭いです。1Kに住む場合は7畳以上をおすすめします。

初めての一人暮らしに1Kはおすすめです。1Kには以下のメリットがあります。

  • 掃除が簡単
  • 家賃・光熱費が安い
  • 室温を調整しやすい
  • 無駄な買い物をしない
  • すぐ必要なものに手に届く

1Kに住みたくても希望の地域に理想の物件がないと意味がありません。理想の物件を見つけるには以下のサイトを利用するのがおすすめです。

サイトietty(イエッティ)
ietty(イエッティ)
イエプラ
イエプラ
キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸
ビレッジハウス
ビレッジハウス
部屋まる。
部屋まる。
対応地域東京23区
川崎市
横浜市
東京・神奈川
埼玉・千葉
大阪・京都・兵庫
全国全国東京・神奈川
埼玉・千葉
物件数250万件以上500万件以上600万件以上1,000件以上都内格安物件最大級
特徴チャット接客型契約までネットで完結最大10万円の祝い金初期費用が安い家賃6万円以下専門
詳細情報へ ▶︎詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
おすすめのお部屋探しサイト
リス

あなたに最適な間取りで快適な一人暮らしを始めましょう。

目次
閉じる